12 / 23

お題『誘拐』(稜而×遥)

 稜而が職員通用口から出ると、目の前に自分のスポーツカーが停まっていた。 「さあ、大人しく助手席に乗ってもらおうか、ふはははは、なのん」 真っ黒なサングラスを掛け、マスクで鼻と口を覆った遥が、人差し指と親指を突き立ててちらつかせながら稜而に指示する。 「家まで、車より徒歩のほうが早いのに」 助手席に乗ってシートベルトを締めながら、稜而が苦笑した。 「誰がおウチに帰してあげるって言いましたのん? これは誘拐ですのよ」 「誘拐?」 「さあ、しばらく大人しくしていてもらおうか、なのん! ♪きょうは、りょーじさらって、ゆうかいつれさり、くーちふうじして、そうーこがいー!♪」 「倉庫街?」 「誘拐して連れ去る先は、倉庫街って決まってますのん!」 遥は唇で唇を塞いで口封じをして、稜而の身体をシートベルトで固定し、目をアイマスクで覆い、耳をヘッドフォンで覆った。 「直明けにアイマスクとクラシックピアノだなんて、即寝落ちるぞ」 と言い終えるのと同時に、稜而は気絶するように眠った。 「ハンカチで鼻と口を覆わなくても、勝手に寝ちゃいましたのん。うしししし」  遥はマスクを外し、運転用のサングラスに掛け替えると、寝ている稜而を起こさないように、静かに車を発進させた。  稜而が眠っている間に車は市街地を抜け、いくつかの橋を渡って運河沿いの倉庫街の一角に停まった。  稜而の耳からヘッドフォンが外され、かわりに遥の声が聞こえる。 「キャベツを返してください! 元気なんですか? 声だけでも聴かせてくださいなのん! ……身代金? もちろんです! 言われたとおりに子ども銀行券で一兆円、黒い鞄に入れましたのん! ……えっ? 橋の下を通る船に鞄を落とすんですか? それで、本当に稜而は返してもらえるんですね? ……えーいっ! どさっ! ……車の中? 稜而は車の中にいるんですねっ? ……りょうじーっ!」 「なんだ、なんだ?」 「稜而、元気ですかーっ! ダーッ! なのん!」 「げ、元気だけど……?」 「それはよかったですのん。さあ、茶番はここまでですのよ。あの倉庫まで歩いてもらいますのん」 遥は稜而のこめかみに人差し指を突き立てた。 「ん? 俺、子ども銀行券と引き換えに助かったんじゃないの?」 「実は奥さんがすべての黒幕でしたのん! ふはははははは!」 「意表を突く展開だな」 稜而は苦笑して前髪を吹き上げ、遥に背中を押されるまま歩いて、突き当たりの運河に面した倉庫の前で足を止めた。 「無駄な抵抗は止めて、大人しくこの中へ入りなさいなのん!」 抵抗せず、一緒に倉庫の中へ入ると、そこはレストランだった。 「何?」 「Joyeux anniversaire(ジュアヨウアニヴェルセール),RYOJI! お誕生日、おめでとうございますですのんっ! さあ、お祝いのテーブルまで大人しく歩きなさいなのよー! ご馳走とケーキをたっぷりお見舞いしてやるわー!」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

3分で読めるBL短編。オムニバスでお楽しみ下さい。
14
5
4
1
5話 / 3,834文字 / 20
2018/9/27 更新
甘く切なくちょっぴりエッチなボーイズ.ラブ
1
48話 / 15,372文字 / 0
2018/8/3 更新
大切な思い出は引き出しの中に……
1
3
1
1話 / 1,384文字 / 59
2018/8/6 更新
作者のモヤモヤをイチャイチャに変換
5話 / 1,506文字 / 0
2/14 更新
完結
紫煙
セフレ二人の短いお話。
2
1
1
1話 / 1,301文字 / 0
4/8 更新
同棲している先輩後輩の甘々な日常の一コマ。 随分な居眠りをしてしまった円の話。
1話 / 1,006文字 / 0
5/21 更新