633 / 703

第634話

俺は渾身の力で斗真を抱きしめた。 「お前じゃなきゃダメなんだ。 斗真、お前がいいんだ。 前の斗真も今の斗真も変わらない。 俺の愛する、俺だけの斗真だ。 お前の受けた傷は全て俺が受け止めるから… 俺から絶対に離れないで… 愛してる、愛してるよ、斗真…」 …斗真は俺の腕の中でしゃくり上げ泣いていた。 俺も… それを聞いていたマイクも泣いていた。 しばらくして、嗚咽が小さくなった頃、斗真がゆっくりと顔を上げた。 その目には、しっかりと光が宿り、『もう大丈夫』と語っていた。 俺はうんうんと頷くと、もう一度斗真を抱きしめ、マイクに尋ねた。 「今度こそ、アイツらを逮捕できたのか?」 マイクは手の甲で、ぐいっと涙を拭き取ると 「今までアイツの親父が潰してきた罪を全て洗い出して、証拠も揃えた。 それだけでも凄い件数なんだ。 …実は殺人の疑いもある。 そしてクスリ。 これはもうアウトだ。庇いきれないよ。 プラス今回の事件… 精神鑑定したって無理だ。 どんな凄腕の弁護士を付けても負けるのは分かってるから、どんなに金を積まれても引き受ける弁護士はいないだろう。 模範囚になったって、一生塀の外には出てこれないよ。」 「…そうか。二度と俺達の前にその(ツラ)見せないようにしてくれ。 …頼む…」 「言われなくてもそうなるよ。 …ノゾミ、明日の予定はキャンセルにしよう。 トーマとゆっくり過ごしてあげてほしい。」 「ありがとう。明日夜、また連絡するよ。」 「分かった。 トーマ、ゆっくりと休んでくれ。」 「ありがとう。ユータによろしく伝えて。」 「オッケー。」 ひらひらと手を振って、マイクが帰って行った。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!