23 / 495

ニッシーと諭吉

***** 碧の部屋は1階。 危ないだろ、あんな子供が一階とか! 西島はそう考えながらドアノブに鍵を突っ込み、ガチャリと開けた。 ドアを引き、中を覗く。 こじんまりした部屋。 綺麗に掃除もしてあり、見てて危なっかしい碧も家事はちゃんとしているようだ。 にゃ~ん… 猫の鳴き声と一緒にトストスと軽い足音が聞こえ、モフモフした猫が現れた。 もふもふーっ! 西島は猫のモフっぷりに顔が緩む。 諭吉ーっ、可愛い! 西島が好きな長毛種。 尻尾もフサフサ。 諭吉は西島の前まで来て、ちょこんと座る。 前足をちゃんと揃え、モフモフな尻尾をくるりと前足で止めていて、じーっと西島を見上げていた。 「諭吉」 名前を呼ぶ。 にゃ~ん。 とそう鳴くと思った西島に、 「そうたい。あんたが西島?」 と諭吉が言った。 ……………………………………… ん? あれ? 西島は首を傾げる。 そして周りをキョロキョロと見た。 自分の他に誰か居るのかと思った。 諭吉が喋るわけがない。 「にゃ~ん」 諭吉が可愛く鳴いて、西島は、 だよね。きっと自分は碧の可愛さに悶えていたから頭おかしくなったか、幻聴だと自分に思いこませた。 「諭吉、君のご主人がわたし、あ、俺の部屋に居るんだ。熱出しちゃってね。だから、君を迎えに来たんだよ。分かるかな?………なんて説明しても分からないよね。」 西島は諭吉のモフモフした頭を撫でた。 諭吉はにゃ~んと鳴いて、西島の足下に。 か、可愛い! 可愛い猫の仕草にさっき聞いた言葉を忘れた。 そうだよ、幻聴。 猫は喋らない。 諭吉は玄関で西島を待つような仕草を見せる。 ああ、何か理解してくれていると西島に伝わり。 諭吉を抱き上げて部屋を出た。 モフモフな諭吉はフンフンと西島の匂いを嗅ぎ、 「あんた、良か匂いするな発情期だろ!」 とつぶやく。 でも、ちょうど車が真横を通り、その音で西島の耳には届かなかった。 **** 「諭吉ーっ」 諭吉を見た碧は凄く嬉しそうに両手を伸ばした。 にゃーん、 諭吉は西島の腕からぴょんと飛び降りると碧の腕の中へ。 ゴロゴロと喉を鳴らす諭吉。 「部長!ありがとうございます」 碧の笑顔。 キュンと西島の萌ツボを鷲掴み。 ぐはっ! 佐藤め!無邪気に笑いやがってぇぇ! 西島は、 「お粥作るから大人しくしてろよ」 とくるりと向きを変えた。 これ以上、モフモフな諭吉と、萌ツボ押さえまくりな碧と一緒に居たら悶え死ぬ! キッチンへ退避。 西島が出て行くと碧は、 「諭吉、西島部長カッコ良いでしょ!でね、聞いて聞いて!このシャツは部長のだよ、凄くブカブカなんだあ」 碧は諭吉にシャツを見せる。 「後ね、お姫様抱っこされたんだよ」 碧は西島との出来事を諭吉に話した。 「優しいよね部長。諭吉もそう思うでしょ?」 碧は諭吉の頭を撫でる。 ………なるほど。 アイツが良い匂いしたのは碧に発情したからか。 諭吉はゴロゴロ喉を鳴らしながらそう考えた。 発情した雄は良い匂いを出す。 もちろん雌もだけど。 西島はかなり、盛っている。 人間の雄はかなり我慢強いな。 まだ交尾はしてないらしいな。 碧の無邪気な匂いからそう感じた諭吉。 クンクンと碧の匂いを嗅ぐと、彼からも発情した匂いがした。 ようやく盛りがきたか。 互いに盛り合っているのに交尾しないとは、人間は変わっている。 諭吉はため息をつく。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!