29 / 490

ニッシーと諭吉7話

どわぁぁ~ 雄叫びをあげそうになるのをグッと我慢した。 マシュマロみたいに柔らかそうなお尻。 ぷりっぷり、 エビみたいな表現が似合う。 み、見てはいけない! 西島はシーツをかけ直し、パンツをなんとか穿かせた。 後は……シャツを着せるだけ。 なのに、躊躇する。 碧の身体のラインがシーツ越しに分かるのだ。 なんか、もう、いたいけな少女にイタズラしているアラサーオヤジにしか見えない。 「か、神林、ヘルプ」 結局は神林に頼んだ。 「ほらよ、シーツ変えるから碧ちゃん抱っこしてろ」 神林に碧をパスされ、抱き上げたまま、シーツの交換を待つ。 それにしても碧は軽すぎ。 チラリと碧に目をやると、熱のせいで頬がピンクだ。 か、可愛い……と思った後に西島はブンブン頭を振る。 自分は佐々木と違う人種だ!と言い聞かせるのだが、 言い聞かせる時点で既に仲間じゃないのかと目眩を感じた。 「おい、何時まで碧ちゃん抱っこしてんだ」 シーツ交換はとっくに終わっていたようで、西島は慌てて碧をベッドへと寝かせた。 「解熱剤が効いてくると思うから安心しろ」 神林に肩を叩かれ、頷く。 「明日、会社休みで良かったな。碧ちゃんと丸一日一緒に居れる」 神林にニヤリと微笑まれ、 「だから佐々木と一緒にするな!」 「はいはい、んじゃ、帰るわ」 神林はヒラヒラと手を振る。 「わざわざ、悪かったな」 一応は礼を言う西島。 「いや、テンパるお前見れたから帳消しな」 「は?テンパってないし!」 「はいはい、西島部長はテンパっておりません!そんな部長に朗報。碧ちゃんはちゃんとむけてるぞ」 肩をポンと叩いて神林はニコッと笑う。 「はあぁ?」 西島の反応は驚くというより、見やがって!という反応。 「あ、座薬1つ使ってるから、次使う時は5~6時間空けろよ」 「は?座薬?んなのいつ?」 「着替えさせる時に」 西島はきっと碧の裸を想像したんだろう。 顔が真っ赤だった。 「それじゃあ西島部長アジャアジャファイティン」 神林は玄関へと向かう。 パタンとドアが閉まった。 鍵を掛けに行ってため息を吐く。 ど、どんまい俺! ドキドキが止まらない。 ぷりケツとか見てしまったし、神林から収穫……いや、聞いてもいない情報を聞いた。 子供には興味なんてない! 自分に言い聞かせて寝室に戻る。 入った瞬間に神林が使った座薬の空が目に入った。 はうっ! どこに入れるかをつい、想像して顔が火照る。 いかん、いかーん! 西島は風呂場へまた走った。 もうぅ、まだ子猫を保護した方がマシだった。 まあ………子猫みたいだけどな。 西島はシャワーを修行僧みたいに浴びた。 ****** ポスンと軽い何が碧の上に乗ってきたので、目を覚ます。 「諭吉」 ぼんやりした視界に諭吉。 「にゃ~ん」 諭吉が鼻先を舐めてくる。 心配してくれてると碧に伝わってきた。 「だいじょうぶだよ」 諭吉を撫でようと手を伸ばす。 カチャとドアが開く音が同時だった。 ペタペタと足音と共に西島が入ってきた。 部長……… 視線を向けて碧は、 一気に熱が上がるような衝撃を受ける。 下着姿の西島。 ボクサーパンツに濡れた髪を拭きながら床から何かを拾っている。 ぶちょーっ 後ろ姿を見つめる碧。 綺麗な背中。 引き締まって、腹筋もそれなりに割れてて、 ぶちょう……EXIL〇みたい。 なんて碧は思った。 綺麗な身体。 成人した大人の身体を見せつけられ、碧は自分との差を思い知らされて、ちょっと落ち込む。 にゃ~ん、 諭吉が鳴いたので西島が振り向いた。 碧は慌てて目を閉じる。 こちらへ来る気配。 ドキドキする。 そして、フワリと手のひらが自分の額に触れた。 ぶちょーっの手があーっ、 触れた手が次に頭の上に。 そして撫でされた。 「早く、熱下がるといいな。頑張れ」 西島の言葉が碧の耳に届く。 ドキドキ、 ドキドキするよ夏姉ちゃん!
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!