10 / 141

第10話

 佐奈の入学祝で、アビーが手作りした豪勢な食事を皆で堪能した後、各々がくつろぎタイムに入った。佐奈はキッチンでデザートにとリンゴの皮を剥く。久しぶりに家族が揃うと、佐奈はウキウキと嬉しくなる。三日後にはアメリカへ戻る両親にはゆっくりと寛いで欲しい。そんな思いで、明日からのメニューを必死に頭の中で立てていく。 「佐奈、皿はこれでいいか?」 「え!? あっ……っ」 「おい、指切ったのか!? 大丈夫か? 見せてみろ」  考え事をしていたため、佐奈は突然声を掛けられことに驚き、親指を少し切ったようだ。  優作は心配でたまらないといった風に、佐奈の手を掴む。 「だ、大丈夫だって……っ!?」  たかが軽く切った程度で大袈裟だと佐奈が手を引こうとした時、佐奈は我が目を疑った。 「ちょ……優作……何して……」  親指に僅かだが滲む血を、優作は舌先で舐め取っている。驚く中で、佐奈の全神経が親指に集中したかのように熱くなっていく。しかも事もあろうに、優作はそのまま親指を口に含んでしまう。 「ゆ、優作……!?」  慌てて手を引こうとする佐奈だったが、そうはさせまいと強く握り込まれる。優作の熱い咥内。舌は何かの意図があるかのように、佐奈の指先を這うように舐めているのが分かる。  一体何をしてるんだという疑問よりも、ただただ佐奈はどうしたらいいのかが分からなかった。現状を上手く処理出来ない中、腰には力が入らず、下腹部も何か熱が灯りそうになり、佐奈はそんな自分にショックを受けた。 「優作──」 「ゆう! アンタのスマホ鳴ってるよ」  リビングからアビーの声。優作はゆっくりと親指を咥内から抜く。ただそれだけの事が、何かとてつもなくやらしく佐奈の目に映った。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!