4 / 11

第4話

『──────────は?』 ちょ…ちょっと…待て 今、俺の名前が聞こえたような… あと、 “つきあって”…って…… 『隆之、俺とつきあって?』 ほら、やっぱり。 ─────って! 『はぁ!?お、……俺?!』 『うん』 『……え?え?なんで?岡田は?』 『岡ちゃん?岡ちゃんは…いーの』 『いい?……いいって…どういう事? え、えーと、そだ!コクったのか!?』 『ううん?コクってなーい』 『…はああっ!?コクってないっ!?』 『うん』 『…えぇ??』 なんだ? なんで? 『だって~、 つきあうなら隆之の方がいいもーん。 それに隆之だって…俺の事 好きでしょ?』 『──────っっ!? おまっ、なんでそれを……、あっ////!』 『ふふ~。やっぱり~♪』 やっぱり? やっぱりって何!? バ、バレてたってコト……っ!? えぇぇぇぇ////!? 『だからさ、隆之。俺とつきあお?』 要はニコニコ笑いながら 出した右手を更に目の前に突きだす。 『え……、……え///??…マジ? 岡田じゃなくて…俺でいいの…?』 ふってわいたような急展開。 もちろん、嬉しい方に、だ。 『うん。隆之がいーの。 愛するより愛される方が幸せになれるって よく言うじゃん』 『……はぁ?なんだ、それ……』 えーと…つまり? “要が好きな岡ちゃん”といるより、 “要を好きな俺”といる方が幸せになれる って言ってんの…? ええ……?なにそれ なに、その打算的な考え… 持ち上げられてからの…急降下。 これは…イタい かなり、イタい… でも……… 岡田より 俺の方が…要を幸せに出来る… 自信なら…ある。 ありすぎるほど、ある。 『よ、よし……分かった!つきあう! ………って…なんか忘れてるような……、あ! そ、そうだ!お前、学校…!』 卒業したら 県外の遠く離れた 美容師の専門学校に行くって… って事は、いきなり遠距離恋愛!? なんつー、過酷な展開なんだっ! 『あーそれね。だいじょーぶ。 隆之の大学の近くにしたから~』 要は差し出していた右手をVサインに変えて 微笑む。 『…………え、は?そ、そうなの?』 『うん。アパートも近いんだよー?』 『────え? なにそれ?なんで住所まで…! お、お前…!一体 いつから……!?』 『ふっふっふ~。 細かいコトは気にしなーい! っていうか、そろそろ帰ろ?』 そう言うと 要は俺の手を取り指を絡ませ 校門に向かって歩きだした。 『あっちでも よろしくね?隆之』 『………お、おう…///』 『今までより もっと仲良くなろーね』 『…………へ?…お、おぉうっ///』 『今、なに想像した?』 『……へ?な…なにって……ナニ… じゃなくて!き、聞くなよっ////!』 『うんうん。ナニ(・・)ね~ ♪ 』 『う、うっせぇな/// お前はもう何も言うなっ///!』 『分かった~。ナニ(・・)も言わな~い』 『────っ/////』 こうして、 ナニが…あ、いや 何がなんだか分からないまま 俺は要とつきあうコトになり 2週間後には 2人で新しい街に引っ越した。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!