7 / 11

第7話

それから数日は 穏やかな日が続いた。 〈今日は仕事の人たちと飲み会です 晩ごはん、いりません!よろしく~〉 講義が終わって帰ろうとしてた矢先 メールがはいった。 今日も早番だった要のために 晩メシに腕を振るおう! なんて思ってたのに… 急にやる気がどこかへ飛んでいった。 『いないんなら適当でいっか』 作るのも面倒くさくなって コンビニに寄って弁当を買って 家に帰る事にした。 そして、その夜 要は しこたま酔って帰ってきた。 『たーだーいーまー ♪』 『おかえり。ご機嫌だな』 『うん!そーなの~!聞いてよ~! すんごいビックリする事があってさ~』 『へぇ…、なに?』 冷蔵庫からミネラルウォーターを出して コップに注いで渡してやる。 要は美味しそうにゴクゴクと 一気に飲み干して 嬉しそうな笑顔を向けた。 『隆之、岡ちゃんって覚えてる?』 『──────え?』 岡ちゃん… 岡田…先生… 覚えてる? ……覚えてる 忘れた事なんか1度もない 岡ちゃん…… 高校の担任で… 要が…3年間 好きだった…ヤツ…… それが、なんで…その名前が…今更… 今になって出てくる…? 『岡ちゃんね~ここが地元なんだって~! たまたま行った飲み屋で偶然ばったり再会! ビックリしちゃった~!』 『…………』 ………会ったのか ……偶然……再会…… 『隆之~?聞いてる?』 『───聞いてる』 『でね~、岡ちゃん、友達の結婚式で 帰ってきてるんだって~!それでね……』 『………』 久しぶりに会って… 要は 岡田をどう思ったんだろう… こんだけ機嫌がいいところをみると 嬉しかった? 昔の気持ちを思い出した? また 好きに……なった…? 『で~、岡ちゃんがね~』 『………っ…』 嬉しそうな…要。 高校の岡ちゃんを好きだった頃の要は こんな顔…だった…… ──苦しい 胸が…ザワザワする…苦しい…… 『ちょっと、聞いてんの?』 『………っ、もういい…』 『えっ?や、最後まで聞いて…』 もういい。 もう、聞きたくない… 要の口から 岡田の名前なんて…… 『隆之……?』 まだ話を続けようとする要を 強引に抱きしめて 唇を塞ぐために顔を寄せた。 『た、隆之…っ…!』 だけど、キスは…… 唇が触れる寸前で…要の手の平に拒まれた。 ───なんで…… こんな時まで…… 胸が痛い……苦しい…… 『…隆…之?』 『キス、……そんなにイヤ?』 『え?…イ、イヤじゃないけど… 俺っ…、その、酒臭いから…』 なんだ、それ… 言い訳するにしたって もうちょっと 上手くやってくれ… 『……そう』 『……?どうかした?』 『……なんでもない。ごめん』 『……隆…之…あの…あのさ…』 『もういいって。 酒臭いの気になるなら風呂 入ってくれば? 俺はもう入ったから。…な?』 『………。………うん、分かった』 いまいち納得してない様子ではあったけど 要は スルリと俺の腕からすり抜け離れた。 『………っ…』 遠くなる背中。 要の心まで一緒に離れていく…ような そんな錯覚に胸が張り裂けそうになる。 『いてぇ……』 痛い 胸が…痛い…痛い… もし要が岡田を選んだら…… 俺はどうすればいいんだろう… 聞かなかったくせに 要が何を話そうとしてたのか 聞かなかった事を後悔した。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!