10 / 11

第10話

とりあえず、ベッドに逆戻りして (素っ裸のままだから ちょっと落ち着かないけど)要と対峙する。 しばらく気まずい沈黙の時間が続いたけれど 先に口を開いたのは 要だった。 『───あのさ、 最初に ハッキリさせときたいんだけど。 俺、隆之に飽きてもないし、 嫌いにもなってないからね?』 『…………え?』 『今も大好きだよ』 『……………え。 え?……でも………なら………なんで……………』 『なんで?あ、…あぁ……キスの事?』 『………うん…』 『それね~。聞いてくれればいいのに… 俺、鼻炎……なんだよね~』 『……………………は?』 び、びえん………? 『なんかのアレルギーらしくて… 最近 発覚してさ~。だから…濃い~キスは 息 出来なくから、苦しくて…………』 『………………は?』 びえん……って、鼻炎かいっ!? …………え? そ、そんな(って言っちゃダメだけど) そんな…理由!? 『じゃ、じゃあ短いキスは? えーと、例えば……朝、起きた時とか…! お前、それも嫌がってただろ!』 『えーと…起き抜けは 口呼吸だから 口の中 カラカラで…臭かったらイヤだなーって。職場の先輩がそれが原因で彼女に文句言われたって話してたし……』 『じゃ、じゃあ…寝る前は? 歯磨きした直後じゃん!』 『え~?寝る前にキスしたら普通にシたくなるでしょ?シたら次の日 仕事つらいから…しない方がいいなぁと思って』 『はぁぁ?じゃあ、じゃあ さっきのは? 風呂 入る前、手で押さえたろ?!』 『あ~、あれは酔ってて酒くさかったから』 『………っ、じゃあ、エ、エッチの時はっ…? 無理矢理 口 離したのは??』 『あー、それっ!あんな最後の激しい時に 口呼吸しか出来ないのに、口 塞がれたら… 俺、死んじゃうよー!』 『……………は……? ………な………な…………』 な、なんじゃ、それ…っ…! そんな事なの?? 俺が ずっと悩んでた時間って……! ─────って、いや! まだ あった!! 『お、岡田は……?』 『ん?……岡ちゃん?あー、岡ちゃん。 もうすぐ結婚するらしいよ?』 『───え。……け、結婚!?』 『うん。居酒屋で延々 ノロケられた~。 で、昨日 話したかったのは 岡ちゃんが 俺と隆之でなんかお祝いしてくれって しつこくてさぁ。どうしたもんかと思って』 『ああ……そう…なんだ………………』 『うん。…まあ、だいぶ酔ってたから もう忘れてるかもしれないけど』 『…………そ……か……』 ………なんて事だ…… こっちも俺の早とちりだった…! ってことは つまり全部! 俺の思い込みと勘違い…! 『うあぁぁ…………////』 体から がっくりと力が抜けて 前のめりに倒れた俺は恥ずかしくて 熱くなった顔をシーツに擦り付ける。 よかった… 結果的には よかったんだけど…… やっぱり俺……情けない… そして、恥ずかしすぎる……////!
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!