678 / 687

玲音&咲哉ショタ化!♡10

── 翌朝 ── あ。 間違えた! ── 翌昼 ── 『うぅ・・・・・・・・・||||||||』 『えへ♡みっきー、おはよ♡』 『たは♡おはよう、みぃー♡』 『うううぅ・・・・・・・・・|||||||||』 『えへへ♡大丈夫ぅ??』 『だはっ♡大丈夫か??』 『うぅ・・・・うううぅ・・・・💢』 『あー、大丈夫じゃなさそう♡』 『うーん、体、ツラそうだな♡』 『うぅ・・・・・うぐぎぎぃぃぃ・・・💢』 お察しのとおり、 俺は、起きた途端 とんでもねぇ体の痛みと とんでもねぇダルさに襲われていた。 ついでに 喉も痛くて声もほとんど出ない・・・💢 いくらなんでも ヤりすぎなんだよっ💢 『ごめんね~?』 『ごめんなー?』 『・・・・・・・っ・・💢』 お察しのとおり、 まーったく!ぜーんぜん! 反省の色のない玲音と咲哉。 まー、嬉しそうにヘラヘラしやがって💢 肌も つやっつやさせやがって・・・・💢 (ボロボロの(満身創痍)俺と真逆っ!!) 『いや~、子供だったからかなぁ?  理性が ぶっ飛んじゃって~♡』 『そうそう。子供だったからなぁ!  自制が 出来なくってなぁー♡』 『ごめんね(な)~♡♡』 『───っっ💢!  ・・・う!・・ぐぐ・・・・っ💢』 ウ、ウソつけぇぇ────っっ!!! 絶対、絶対ウソだっっ!! すっごく余裕ぶっこいて すっごく楽しそうにヤってたクセにっ!! もおぉぉぉぉぉぉっっ!!💢 『んふふ♡まあまあ♡大丈夫♪安心して ?』 『みー の世話は全部♡やってやるからな♪』 ニタニタ笑いながら近づいてくる2人(変態)。 ニタニタ ニタニタ その顔は・・・・・・・・・ 何かを企んでるようにしか見えなくて 『・・・・・っ・・・、く、・・・・(来る)なっ・・・💢』 慌てて逃げようとするも 『~~いっっ!・・・・・・・・・(いたあぁっ)!!』 全身の激痛にシーツに沈んだ。 『『とりあえず~♡』』 『マッサージしたげるね~♡』 『全身揉みほぐしてやるぞ♡』 うつ伏せで動けなくなった俺の横に座った2人は コキコキと指を鳴らして、ニッコリ笑う。 『・・・・・・・・・っ』 ぞぞぞっ|||||| ( ←悪寒 ) い、いや・・・ いやいやいや! 怖いっ!! 怖いって!! もう、なんというか・・・・ とにかく・・・・・笑顔が怖いっっ! 『さあ♡みっきー♡♡』 『ふふふ♡みぃー♡♡』 『─────(ぎゃあああ)っっ!!  い、・・っ(いい)!ぃ・・っ、・・・・・・・・(いいってば~)!!』 必死に(かぶり)を振って拒否 ・・・・・したのだけど 『うんうん♡だよね~♡して欲しいよね♡』 『そうか♡だよなー♡して欲しいよなっ♡』 『──っ、────(はあああ)っっ!  ・・・・ち・・・・・っ(違う)!  ・・・い・・・・・!(言ってない)・・いっ・・・・・・・(言ってないぃ)っっ!!  ・・・・・・め・・・っ・(やめろっ)・・・・・・・・!!!』 『うんうん♡ “ 早くして♡ ” だよね? 分かってるよ♪』 『そうなのかー♡うんうん♡すぐしてやるからなっ♪』 『・・・・・・っ・・・、・・・っ・・・っ・・・(ちっがーうっ)!!』 『はいはい♡分かってる分かってる♪』 『そうだぞー♡俺たちに任せろっっ♪』 『・・・・・・・・・(いや───)っっっ!!!』 ってなワケで まったく聞き入れてもらえず 都合のいい解釈をされて (役に立たない通訳のせいでっ💢) まだまだ俺の災難はつづくのであった・・・・・・・・
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!