585 / 593

マタニティブルー⑤

すぅすぅと寝息を立てて眠る仁から、穏やかで清らかで、優しい匂いがしてくる。 その匂いを嗅いでいると、胸の奥から優しい気持ちが全身に行き渡ってくるのが分かった。 純真で真っさらな、愛おしい存在。 湧き上がる言いようのない感情に満たされ、仁の頬っぺたにキスをしてベッドに寝かせると、俺はぼんやりと仁を眺めていた。 コンコン 「詩音くーん…ただいまぁ…」 小声でそっとドアを開けながら、お義母さんと継が入ってきた。 継は片手に花束、片手にレジ袋を下げている。 「あ、仁君寝ちゃったんだ。 やっぱりママが好きなんだね。 あのね、ここの売店凄いの! 初めて行ってみたんだけどね、手作りの美味しそうなパンやお菓子がたくさんあるんだよ。 春を先取りみたいなお花も売ってたから、ついつい買ってきちゃった。」 ほら、ね! と継の方を振り向いたお義母さんは、紙に包まれた花束を継から奪い取ると、差し出してきた。 「ね。かわいいでしょ!?」 柔らかなピンクのスイートピーが顔を覗かせていた。 「うわぁ…かわいい…お義母さん、ありがとうございます。うれしい。」 「ふふっ。よかったぁ。 今チューリップを生けてるけど、これもいいよね。 継、花瓶出して。」 継が ごそごそとビニール袋を漁って、お義母さんに手渡すと、すぐに生けてくれた。 ピンクの加わった空間は、また華やかに明るくなった。 「…素敵…」 思わず言ったひとり言が聞こえたらしく 「うんうん。これで良し。 詩音君、俺、これからパパとデートなんだ。 継を置いていくね。 明日、また来るから。 仁君、まーちゃん、また明日来るからね。 じゃあねー。」 お義母さんは、うれしそうに くふんと微笑むと、足音も軽やかに去って行ってしまった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!