648 / 656

デート♡デート♡デート♡⑧

「継…これ、贅沢過ぎます…」 詩音がポツリと呟いた。 日頃から贅沢なことや、分相応以上のことを極端に嫌う詩音の機嫌を損ねたか!? 「いや、違う!違うんだ! ここは篠山さんの知り合いの経営のホテルで、彼の口利きで、かなりのサービスをしてもらってるんだ! …実際、俺もこんないいところだとは思ってなかった…」 聡い詩音は納得したのか 「…篠山さんにお礼を言わなくちゃ。 ね、継!」 優しい微笑みに我慢ができなくて抱きしめる。 「詩音…詩音…」 抱きしめて離さない、俺の背中をあやすようにそっと撫でられる。 「継…シャワーを…お願い…」 かわいい声音で耳元で懇願された。 「一緒に…いいか?」 黙って頷く詩音の頭にキスをすると、カーテンを閉め、部屋の明かりを落とした。 ゆっくりと詩音の元に戻ると、スーツのボタンを一つ一つ外していく。 ごくり と嚥下する音が部屋に響く。 「継…」 「どうした?嫌か?」 「自分で…自分で脱ぎます。」 「ダメだ。俺がしたいから。」 ふうっ とため息をついた詩音は 「見ても…がっかりしないで下さいね。」 なんてかわいいことを言う。 「お前こそ…俺を見てもがっかりしないでくれ。 幸せ過ぎて料理が美味し過ぎて、結婚してからワンサイズ太ったんだぞ。 どうやって責任取ってもらおうかな…」 「継ったら…」 たわいも無いイチャイチャを繰り返しながら、すっかり裸になった俺達は、ぎゅっと抱きしめ合った後、詩音を横抱きにしてバスルームへ向かった。 触れ合う素肌の心地良さよ! このままでもイきそうだ。 その時既に、俺自身は隆々と天を向き、先端からは、はしたなくも先走りが溢れる始末。 詩音は…さっき当たった時に、おそらく気付いているのだろう、顔を全身を赤く染めて俺に身を委ねていた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!