67 / 255

どうしたらいい…side :詩音⑤

はあっ… 大きな溜息が漏れた。 ドキドキが止まらない。あんな完璧な人に『愛してる』とか『好きだ』と言われて… 本当に俺でいいんだろうか。 俺は普通の家庭の何の取り柄もない、ただのΩなのに。 どうしたらいいんだろう。 流されるまま結婚してしまった… 本当にこれでよかったのか? ふっと視線を下にやると、身体中に赤い印が散らばっていた。 一つ一つ、そっと指で追っていく。 一体どれだけ付けられたのか。 夥しい数のそれは、彼にどれだけ求められ、愛されたかの証拠だ。 途切れ途切れだが記憶も残っていた。 乱れに乱れ、嬌声を上げ、彼を求め受け入れた自分の姿を。 恥ずかしい… 思わず顔を両手で覆う。 はあっ… また、ため息が溢れた。 そんな俺の気持ちに気付くこともなく、鼻歌交じりでご機嫌な継が食事の支度を済ませたらしく、俺を呼びに来た。 ふわりと抱き上げられ、ダイニングの椅子に座らされた。 目の前のテーブルには、かりかりに焼けたベーコンと目玉焼き、熱々のクロワッサン。 コーヒーを注ぎ終え、継が蕩けそうな笑顔で俺を見つめる。 そんな目で見ないで…どうしてらいいかわからなくなる。 恥ずかしくて俯くと、顎を持ち上げられキスされた。 「さあ、食べよう。 食べ終わったら支度して、お義兄さんのお店に行くよ。」 「兄さんのところ?…あ…まさか…」 「うん。昨日お願いしといたから。 詩音に似合いそうなのを見繕ってくれるって。楽しみだな。」 兄は某海外有名ブランドの店長をしている。今月から店長に昇格したばかりだ。 昨日、いつの間にそんな話をしていたんだろう。 俺がぼんやりしている間に、継と俺の家族は話をどんどん進めていたのか。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!