10 / 14

第10話全てを洗い流して

アランside 僕が目を覚ました時には 楓は隣で熟睡していた。 中にあるはずの白濁は無い。 「…………綺麗にしてくれたの?」 僕はスヤスヤと寝息を立てる 楓を見つめ呟いた。 既に東の空は薄ら 明かりを灯している。 散々抱かれた身体は 重たい鉛を付けているような そんな感覚。 僕は無理矢理身体を起こし そっと風呂場へ移動して 頭からシャワーを浴び 鏡に映る目の前の自分の姿に 涙が零れた。 あちこちに残る証。 愛されて抱かれた感覚が はっきりの僕の中に残っていた。 それが尚更虚しい────。 もしあの人じゃなくて、 楓を愛せていたなら……。 きっと僕は幸せだった。 それを知ってしまった。 初めて楓に逢った時、 楓は真っ赤になりながら 僕に手を差し出した。 あーあ、この人は……楓が 僕に恋をした。 それがはっきり伝わってしまったから。 何故なら────、 僕があの人に一目で恋した 瞬間と同じ! そう僕と同じ表情と 瞳で僕を見たから。 でも────、 僕の気持ちはもう手遅れ。 自分でも止められない。 どうしようもないんだ。 僕はシャワーを強めにして、 その場に泣き崩れた。 どれくらい────。 分からないけど、 僕が身体を綺麗にして 1番お気に入りの服に 袖を通し、静かに部屋を 去った時には、 もう朝の光が登っていた。 季節は初夏────。 僕は再び屋上へと 脚を伸ばした。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!