1032 / 1190

13章 始動 1

こんにちは!志生帆 海です。こちらもそろそろ通常モードに戻ろうと思います。 新年特別編でいろいろ13章への布石を打ったので、このまま時間軸をつなげていくことにしました。 今度は物語は月影寺を飛び出して、ソウル……東京、NYへ……もちろん月影寺に流・翠の話も交えてワールドワイドな感じになっていきそうな予感です。 そして突然ですが今日から13章に突入です!副題は『始動』です。 どうぞよろしくお願いします。 (ちょっと話が噛み合わない部分もありますが、昨年のお正月に書いた話をベースに膨らませております。) **** 『始動』  涼に名残惜しそうに見送られ、俺は久しぶりに実家に顔を出すことにした。元旦だけは挨拶に帰ってくるようにと、何度も母親から連絡があったので無視できなかった。  有り触れた住宅街の一軒家へ続く道を歩きながら思い出すのは、学ラン姿の洋と肩を並べて歩いたこと。ここに住んで一番嬉しかったのは、洋の家と近所で幼馴染なれたことかな。  涼とも一度一緒に訪れたことがあって……あの時は楽しかった。洋と涼と銭湯に行き、我が家で川の字で眠った。今日も本当なら涼を連れてきてやりたがったが……それは一筋縄ではいかないことだった。  母親は洋の結婚式に来たくらいだから、そういう方面に多少の理解があるとしても、父親はお堅い真面目な人で、「洋くんが男性と暮らしているなんてお父さんには死んでも言えない」と母が嘆くほど、異端なものには理解がない人だ。  俺の家はおまけに本家って奴で、正月になると五月蠅い親戚が一同に集まってしまうから、そんな場所に簡単に涼を連れていけるわけなかった。  まして涼はモデル……最近ではドラマにも出たりと芸能活動も活発になってきて、ちょっとした有名人だから、本当に慎重に隠し通さなくてはいけない存在だ。  だから、たまに洋のことが羨ましくなる。あの寺の中で洋は皆に認められ歓迎され愛されている。同じ顔をした涼にだって、同じようにしてやりたい。でもそれはそんな簡単なことじゃない。それを痛感している日々だ。  それでも俺は涼と一緒にいたいし、涼もそれを望んでくれる。  洋……あいつは本当に苦労しての今だから、簡単にうらやましいなんて言えないが、やっぱり羨ましいよ。 「安志、やっと帰って来たわね。この子はもうっ」  家に帰るなり母親の小言が始まった。 「またお正月から洋くんのところに入り浸っているの?」 「え……まぁ……そうだけど」 「もうっ!洋くんには洋くんの生活があるのよ。お邪魔でしょう」 「……」 「ねぇ、もうほどほどにしなさいよ。あなたももう今年は二十九歳になるんだから、そろそろ結婚とかも前向きに考えて頂戴。早くお嫁さんを迎えてお正月やお盆の手伝いして欲しいわ」 「え……意外だな。母さんからそんな言葉を聞くなんて」 「安志……あのね、いい機会だから言っておくけど、洋くんは洋くん、あなたはあなたよ。私は洋君の選んだ道をもちろん応援はしているけれども、あなたには普通の結婚をして普通にお父さんになって欲しいのよ」  母さん……珍しく機嫌悪い?  多分親戚が集まっていろいろ言われたんだろうなと察することが出来た。あー面倒だ。  親が健在なのはありがたいのだが、柵ってものをつくづく感じるよ。 「安志やっと帰ったのか」 「あっはい。父さん、明けましておめでとうございます」 「あぁとにかく中へ、皆集まっているぞ」  玄関で母親と話していると、今度は親父の登場だ。ますます形勢が不利になっていく。もう早く切り上げて涼の待つ月影寺に戻りたい。  なんか自分が不甲斐ない男に思えてきて、嫌悪感が募ってしまう。 ****  茶室の手伝いは重労働だった。次々とやってくるお客様にお茶を運んでは、下げての繰り返し。あれこれ質問されたり話しかけられたりもして、パニックになりそうだった。  そして今は月影寺の母屋で、重箱におせち料理をつめている。  涼は茶室の手伝いの後、突然マネージャーが迎えに来て、一旦東京に戻ってしまった。急な新年会に顔を出さないといけなくなったらしい。安志が戻ってきたらがっかりするだろうな。  あの二人……新年早々すれ違ってしまうのか。少し不安を感じながら、こんなこと考えるなんて縁起悪いと、頭を振って嫌な考えを追い出した。  「さてと……あとは蒲鉾と伊達巻を切って……」  ううう、流さんがいないとこんなに大変なのか。俺は器用じゃない。くそっ!いい歳して情けない。本当にソウルでは丈に助けてもらい、ここでは二人のお兄さん達も加わって、大事にされていたことを痛感した。  俺も今年はもっと役に立てる人間になりたい。焦りと苛立ちと悲しみとが入り混じって複雑な気持ちになっていると、翠さんがふらりとやってきた。  やはり少し顔色が悪いのが心配だ。流さんと交換したかのように今日は翠さんが作務衣姿だった。おそらく寝ていたのだろう。寝癖がついた髪の毛が、翠さんを更に若く見せていた。 「洋くん、大丈夫かい?」 「翠さんこそ起きていていいんですか」 「うん、丈のお陰で熱は下がったようだ」 「でもまだ顔色が……」 「なんだか大変そうだね。手伝ってあげたいのだが……僕も家事が苦手でね」  翠さんはいたずらげに笑った。  その時、机に置いておいたスマホのバイブがウィーンっと突然鳴り響いた。ガタついた木のテーブルだったせいか、いつもより振動が大きく嫌な音を立ててしまった。 「あっすいません」  慌てて手に取ったが、その瞬間、翠さんが口に手を押さえて真っ青な顔をして震えだした。今にも吐きそうだ。一体何が! 「翠さん?大丈夫ですか」 「ごめん。ちょっと……」  そのまま、トイレに駆け込んでしまった。  その後ろ姿に不安が募ってしまった。同時にさっき流さんに言われた言葉が過った。  あの茶筅みたいなバイブのことを指して「あれは翠には絶対見せんなよ……」って言っていたよな。  まさか翠さん……?  あの時俺は薙くんの方へ回ったので、どんな状況に翠さんが陥ってしまっていたのか詳細を聞いていなかったことを後悔した。

ともだちにシェアしよう!