10 / 920

はじまり 2

「もっと飲むか?」 「…ああ」 スープのお代わりと共に自分の分も持ってきて、俺の向かいに腰を下ろしたと思ったら、今度は質問攻めだ。 「ところでさ、君…なんであんな早く会社に行くんだ?」 「えっ?あっ…ああ…混んだ電車が苦手だから…」 「ふーん、そうか。それなら明日は会社へ行くから私の車に乗って行くか?」 「えっ…いい。そんな…」 「ところで、君いくつだ?」 「…22歳」 「やはりまだ若いんだな。朝は8時半出発だからな。朝飯もちゃんと食っていけよ!」 えっ!車に同乗って、大丈夫か俺? アメリカで車に乗って散々な目に遭ったじゃないか。 でも同居人は医者だし、俺のことを見る目も何故か嫌な感じがしない。 大丈夫なのかもしれない。この人なら… 俺が警戒しすぎているのか。 それにしても同性とのこんな普通の関係は久しぶりで、どう反応していいのかわからなくて、自分でも驚くほどぎこちない。 何を話していいのか分からず、俺は黙々とスープを飲み続けた。 **** 洋は何か言いたそうにしていたがその言葉を飲み込み、スープを黙々と飲み続けた。 意外と素直じゃないか。 一体何を警戒して突っ張てるのか分からないがなんだか気になる奴だな。 危なっかしくて、放っておけない。 私としたことか、なぜかつい世話を焼いてしまう。 スーツを着替えた洋が再びキッチンに戻ってきた。 「ご馳走様…あの…俺、片づけておくよ。作ってもらったお礼だ。」 そう言って、皿を洗いだした。 私はずっと一人で気ままにやってきた。 好きな時間に食事をし、好きな時間に眠り、好きな時間に起きて… なんで同居人ができた途端、自分の生活を変えてまでこいつに合わせているのだろうか。 暫し物思いにふけっているとキッチンからグラスがガシャッっと割れる音がした。 「っ痛!」 「大丈夫か?」 慌てて割れたグラスを片づけようとしている洋の手を制した。 人差指を見ると、破片をかすめて切ったのであろう、指先から血が滲み出てきていた。 「やれやれ…アメリカ帰りのお坊ちゃまには無理だったな。」 洋の指をひっぱり、ソファに座らせた。 「そこに座ってろ」 「…ん…すまない。あのグラス高かったんだろ?」 「そんなこと気にするな」 救急箱から消毒液を取り出し指につけると、洋は顔をしかめた。 「あっ…」 男性なのに、指はとても長くほっそりしていて、消毒のしみる痛みに…その綺麗な顔を歪ませて堪える表情に、何故かまた胸が高鳴った。 おいおい…私としたことが…これは患者だ。 そう思おう。 いつも振り払われていた手を私に委ね、今は大人しく治療を受けている洋が、急に可愛らしく思えてきた。 「君も意外と素直に言うこと聞くんだな。なんだか可愛い奴だな。」 すると洋は顔を赤くして 「な、何言ってんだよ!あ…あんたは医者だから悪いと思って大人しくしていればっ!ふざけたこと言うなよっ!」 手を引っ込めて、怒りながら。いや…照れながらなのか自分の部屋へ行ってしまった。 突っ張っているが、素直で可愛い奴だ。 そして恐ろしく綺麗な奴だ。 なぜかその都度、はっと心が捕らわれてしまう。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!