14 / 910

はじまり 6

夢を見ていた… いつもの悪夢だった。それは何度も何度も繰り返し見てしまう悪夢… 俺は見知らぬ男に追いかけられ、壁に追い詰められたあと、両手を拘束され 無理やりに唇を奪われる。 それは蛭のように俺の唇に吸いつき蠢いてきて、気持ち悪い。 夢の中でも吐き気が込み上げてくるほどだ。 そして俺の衣類が1枚1枚と、見知らぬ男の手によって脱がされていくのだ。 「嫌だ!やめろ!!!」 俺の身体は拘束されていて全く動かず、見知らぬ男のニヤリと笑う口元だけが見える。 見知らぬ男は俺の身体中に唇を這わせ、手を這わしていく。 そう…俺のあらゆる部分に… いつもなら目が覚めるまで永遠に続くこの悪夢… なのに今日は、急に白い明るい光が差し込んできて、俺の汚く濡れた唇を温かい手でそっと拭ってくれ、無理やりに脱がされた服のボタンを優しく留めて…俺をそっと抱きしめてくれるそんな優しい手が見えた。 「誰だ?」 大丈夫…君は汚れてなんかいない。 いつまでも消せない辛い過去を引きずっているんだな。 私がすべてを消し去ってやりたい。 必死に生きてきた君の心を、今日からは私の想いで満たしていきたいよ。 だから安心して今は深く眠れ。 君はひどく疲れているだろう。 夢の中で、声の主は優しく温かくそう囁いた。 その声に導かれるように、俺は深い眠りへと落ちて行った。 **** 久しぶりに深い眠りから目覚めると、一瞬俺は自分がどこにいるのか分からなくなった。 白い清潔な布団に包まっている自分に驚き、とっさにちゃんと服を着ているか手で確かめてしまった。そして、衣類を身に着けていることに安堵し、見慣れぬ光景に辺りを見回した。 ここはどこだ? ふと横を見ると、同居人の丈が心配そうに俺の顔を覗き込んで座っていた。 「あっ俺?どうしてここに?」 「やれやれ参ったな、君はなにも覚えていないのか?」 「……」 「車で出社する途中に吐いたり、貧血を起こしたりで、大変だったのだが」 「えっ!俺が?」 そう言われてみると、車を途中で停めてもらって 「…あっ!」 すべてが遠い記憶のようの感じていたが、現実だったことに気付き、赤面した。 「迷惑かけた…」 「いや大丈夫だよ。汚れていないよ。洋…君は」 俺はその言葉にドキッとした。 夢の中で俺に声をかけてくれたあの光、あの手の持ち主が言った言葉と同じだったから。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!