50 / 912

あの日から 4

「洋!」 見間違えるはずないじゃないか。 大学のサークル仲間の飲み会に誘われ仕事帰りに参加してみたが、気乗りせず一番隅の席で適当に飲んでいた。 その時、サークルの同期だった徳田が誰かを連れて少し遅れて到着した。 「きゃー綺麗な子!」 「へぇ男にしとくのもったいないな」 そんな歓声につられて、そちらを見たんだ。 それがまさか… 俺の幼馴染の洋に今日再会出来るなんて! 洋は、高校時代のほっそりとしたシルエットのまま、少しだけ大人びてさらに綺麗になっていた。大人の色香が少し漂いだし、危うい雰囲気に拍車がかかっている。 俺の好きだった儚げな笑顔も、何もかもそのままだ。 俺の洋ではないが、大事な幼馴染の洋だ。 本当に会いたかったよ。 ずっとずっと探していた。 洋を見た途端驚きのあまりグラスを落としてしまい、その音で洋も俺に気が付き動揺しているみたいだ。 もっと近くで…話したい。 お前何していたんだ? この5年間、一体何処で何を? 早く聞きたいが、洋の席までの距離が異様に遠く感じて動けない。 俺はただ見つめることしかできない。 5年前も今も、何も変わっていないのだ。 洋は案の定…隣の奴らに絡まれて嫌そうな顔をし出した。 気が付いているのに助けに行けない俺は、相変わらず嫌な奴だ。 突然、そんな洋が逃げるように帰ろうとしたので、覚悟を決めて慌てて追いかけた。 ところが、さっきまでいたはずの洋の姿が見えない 「どこに行った?洋?」 辺りを見回すが、姿が見えないことに焦る。 トイレかもと思い、ドアの前に立つと中から音がする。 ガタンッ 「やめろ!何するんだっ!」 洋の嫌がる声が響く。 慌ててドアを開けると酔っぱらったサークル仲間に壁に押し付けられ、抱きしめられている洋がいた。 俺はかっとなり、そいつを思いっきり引きはがした。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!