3 / 502

相思相愛うさぎとかめもどき-3

大町は健気な巻島と付き合うことにした。 今では巻島一人としかスケベなことはしていない。 お誘いがあっても断るようにしている。 そのせいなのか。 「ッ、いっちゃぅ……大町ぃ……っ」 「ん。俺も……。マキ……。いい?」 何を問われているのかわかっている巻島が何度も頷いてやれば。 大町はさらに勢いをつけて巻島のアナルを突いてきた。 「しゅごっ……大町の、奥、当たっ……あああああっっ!!」 奥の肉壁に埋もれるようにして突き刺さったペニスが弾けた。 巻島のお尻奥で、ぶるるんッ、激痙攣したかと思えば、たっくさん注ぎ込まれた。 「はぁぁぁぁ……っっ」 大事な大事な大町に中出しされて巻島は感極まる。 反り返っていた健気ペニスからつられて噴いた。 カーディガンに、ぱたぱたぱたっ、たっぷり飛び散った。 「はぅっっ……ぅぅっっ……大町ぃ……っ」 「マキ。頭痛いの。よくなった?」 「っなったぁ……大町に突っ込まれて……もぉ、それしか考えらんなくなった……」 「そっか」 ぐるんっっ 巻島は大町に引っ繰り返された。 突き刺さったままのペニスにナカをぐちゅりと刺激されて「あんっっ」とヨダレ唇から零れた嬌声。 大町は膝立ちになると巻島の腰を掴んで自分の方へ引き寄せた。 一度の絶頂では物足りずに硬いままピストンを再開させた。 大町に腰をしっかり掴まれた巻島はぐちゃぐちゃなシーツを引っ掴んだ。 アナル奥に注がれたばかりの高校生スペルマが念入りに掻き回される。 「あんっ大町ぃ……っぬるぬる、に、なっちゃぅ……っ大町ので、俺のお尻……溢れちゃぅ……っ」 いい具合に解れてきた極小お尻孔に遠慮なくずぶずぶずぶずぶ突き立てられる怒張ペニス。 我が物顔で抉じ開けて、パンパンパンパン、張りのいいお尻を打ち鳴らす。 「はぁぁあああぁぁあぁ……しゅきぃっ……これしゅきーーーーー……っっっ」 着たままの制服内側で乳首までジンジンさせて巻島はきもちよさげにうっとり喘いだ。 大町の、もっとほしい。 もっと奥までされたい。 思いっきり。犯されるみたいに。 大町にバックで突かれながら巻島は自分の股間に手を伸ばした。 白濁をぶちまけたばかりの健気ペニスも大町と同じく復活していて、ぬるり、隆起を掌に閉じ込める。 「あ」 「大町ぃ……いーい……? 俺のお尻、締まって、きもひいーい……?」 「ん。マキの。キュゥキュゥって。すごい」 「んーーーーっ……もっと……締めてあげりゅから……っっ」 巻島は後ろからパンパンされながら夢中でシコシコしごいた。 きもちよすぎて意識が飛びそうだ。 そうならないよう、ヨダレ唇をぎゅっと噛み締め、奥までズンズンされる攻められ感を貪った。 「はーーーっっはーーーっっ」 うっとり喘ぎ続ける巻島の腰から大町は手を離した。 次に片腕をとった。 後ろへ引っ張り上げて上体を浮き上がらせたところでガチ突き、した。 さすが十代高校生、一発目から間をおかずして二発目射精に向けてフルに腰を振ってきた。 極小お尻孔を高速行き来する思春期ペニス。 最奥をがっつり突かれてぷるぷるぷるぷる震え勃つ健気ペニス。 「あっっっっっ」 片腕をとられたままの巻島はがくがく仰け反った。 射精せずにドライで絶頂を迎えた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!