27 / 502

コスプレ応援団長を夜露死苦!-2

不服顔の団員達がぞろぞろと部室を後にし、エロ本や花札で雑然とした室内には、三ツ矢と古巣だけが残った。 「学ランもよく似合ってはいるんだけどねぇ、僕はこっちの方がいいと思うんだよねぇ」 掲げられた紙袋を引っ掴んだ三ツ矢、古巣の目の前で学ランを豪快に脱ぎ捨てると、しかめっ面ながらも素直に着替え始めた。 五分後。 「て……てめぇ、これは……」 二の腕丸出しのノースリーブ。 激ミニプリーツスカート。 白のハイソックスにスニーカー、ライン入りのリストバンド。 極めつけは黄色のポンポンだろう。 ご丁寧にも紙袋に入っていたもの全てを身につけ、ポンポンを両手に持った三ツ矢。 学ランより様になっている。 しかも極端に体毛が薄いので何ら違和感もなく、女子の応援団に容易く溶け込めそうな。 「ななななっ何で野郎の俺がチアガールなんだよ!!??」 「いや~想像以上に似合ってるよ、三ツ矢君?」 古巣は拍手までしてチアリーダーコスプレが恐ろしく似合う三ツ矢を褒め称えた。 「ほら、これもつけて?」 そう言って、嫌味なくらい中腰となって、古巣は。 三ツ矢の長い前髪をピンクのヘアゴムで括った。 「はい、できあがり」 「ばっばばばっばっきゃろぉぉぉ…………、!!??」 激昂して新顧問に殴りかかろうとした三ツ矢は三白眼をさらにでっかく見開かせた。 古巣にキスされて、わけもわからず、凍りつくしかなかった……。 「な、なんだよ、これぇ……」 イスに座った古巣のお膝に座らされた三ツ矢。 プリーツスカートを捲り上げるように大股開きにされた太腿の狭間には、何も、履いていない。 さっき古巣にパンツを脱がされたのだ。 骨張った白い手が三ツ矢の童貞きゅんをくちゅくちゅと愛撫している。 もう片方の手はノースリーブの下へと滑り込み、指の腹で乳首を優しくころころ転がしていた。 「へっ変態! 離しやがれ……!」 「ん? 嫌だよ?」 ずっと気になっていた三ツ矢君と二人きり、しかもチアリーダーコスプレ仕立てだよ? 手離せるわけ、ないでしょ? くにゅくにゅと、たった今包皮を剥いて露出したばかりの先っちょを掌で撫で回す。 耳たぶを食み、孔に舌先を突っ込んで卑猥に水音を立てながら、親指で尿道をくちゅくちゅ刺激する。 「ん……!」 三ツ矢は首を窄めた。 大胆に開かされた太腿がぷるぷる震え出す。 「ふふ、可愛いよ、三ツ矢君?」 古巣の指先が唇をなぞっていたかと思うと、ぬるりと、口腔へ入ってきた。 舌先をくにくに捏ねられる。 舌粘膜をぬるぬるなぞられて次から次に唾液が湧いた。 「んく……ぅ……ん!」 古巣は細い下顎へとどんどん滴る唾液を舐め上げていき、そのまま、唇もべろりと舐めた。 覆うように密着して、震える上下の唇を割って、テクに長けたディープキス。 「んんぅっ……んん~~……っ」 あれだけ勇ましく啖呵を切っていた三ツ矢が身をくねらせて成す術もなく悶えている。 自身の唾液で溺れさせるように、延々と舌を交わらせて、古巣はそっと笑う。 「女の子より可愛いよ、僕だけの三ツ矢君?」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!