44 / 500

リバーシング・キス-3

「ここはどこですかね」 「俺の家だ、雅誓」 「俺の服はどこでしょう」 「ナイフ加工によって斬新な出来上がりだったから捨てた」 夜景が一望できる高層マンションの一室。 家族とは別々に暮らしているヨシュアの家に勝手に運び込まれ、それどころか半裸にされていた雅誓は目覚めるなり。 「俺の手癖の悪さは知ってますよね」 キッチンで掴み取った果物包丁を逆手に翳したクラスメートにヨシュアはおどけたようにお手上げポーズを。 「確かにマナー違反だったな。でも手当のためだ」 包帯が巻かれていたりガーゼで止血されていたり、意識を取り戻した瞬間は警戒心で殺気立っていた雅誓だが、応急処置が施された我が身に気づくと刃先を下ろした。 「……手当は感謝するが。あんなに間近に顔を近づけて、どこを手当するつもりだった、貴様」 しかし包丁は手放そうとしない。 明らかにキスしようとしていたヨシュアに警戒は怠れず、刺々しい視線で容赦なく威嚇した。 「下心が少々行き過ぎたかな、謝るよ、お姫様」 「姫なんて呼ぶな、ッ」 騎士のようにその場に跪くなり片手をとられてキスされた。 警戒していたつもりが、その身にその唇を許してしまった自分に雅誓は密やかに混乱した。 「帰る、なんて言わないで。今日は泊まっていくといい。お前のために下心は檻に閉じ込めて鍵をかけた、はい、ガチャリ」 「……信用できない」 「ガチャ、ガチャ。ほら、三重に鍵をかけたぞ? 何なら板で強化するか?」 何なんだ、こいつは。 下らない。 下らなさすぎて……何だか……。 「そんな化け物、一生檻で眠らせてろ」 雅誓は粛々と跪くヨシュアに微かに笑った。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!