50 / 500

続・ツンなジキルはインファンテリズムハイド持ち-5

「あーーーー……いくっ……もぉむりっ……ユズさんっ、ユズさああんっ……うぅぅぅ~~~……!!!!」 ワンコさながらに喉奥で呻いたかと思えば森永は杠葉の一番奥で爆ぜた。 途切れがちに喘いでいた年上彼氏にすっかり覆いかぶさり、しぶとく腰を振り立て、窮屈な肉壁狭間でものものしげに痙攣したペニスから白濁飛沫を解放しきった。 「はぁっ……はぁっ……あっ、まだっ、でるっ……いっぱいでちゃうっ……はーーーー……っはーーー……っは……あ……っ」 いつまでも長居していると負担になるだろうと、呼吸を落ち着かせ、仮膣最奥から脱しようと腰を浮かしかけた矢先に。 「だめ」 いきなり下半身に大胆に絡みついてきた両足。 思いがけないだいしゅきホールドに森永はどきっっっとした。 「まだ、だめ」 「ユズさん……? でも、だしたの、出さないと……」 「もっと」 しっかり絡んできた両足が去りかけた森永を連れ戻した。 互いの下肢がさらに深く密着する。 白濁で温んだ肉孔にペニスがぐぷぐぷぬぷぬぷ押し戻されていく。 達したばかりの愚直ペニスをぎゅぅぎゅぅ搾り上げられて堪らず呻吟した森永を、杠葉は、うっとり見つめた。 今までになかった色めく目つきで年下彼氏を誘惑した。 「もっと、もっと俺のこと満足させて、君の熱くて硬い逞しい棒で突き破るくらい貫いて……?」 ど、ど、どしたんだ、ユズさん。 こんなのユズちゃんでもない。 「ほら、早く動いて……? 俺のなかでもっと男らしく大きくさせて、たっぷり動かして、擦って、奥の奥まで悦ばせてみて……?」 なんかすっごく淫乱系なんですけど!? 「ユズさん、ええっと、とりあえず一回抜きましょう、っ、わわわ……!?」 唐突に杠葉に押し倒されて森永は目を見張らせた。 自分に跨ってきた過激な彼に釘づけになった。 予想外の展開につい硬直した年下彼氏を見下ろし、スプリングコートを脱ぎ捨て、シャツ越しに自身の下腹を緩やかな手つきでなぞり上げた杠葉は艶然と舌なめずりした。 「森永……今夜はずっとココにいて……? 夜通し、蕩けそうになるくらい、体も心も満足させて……?」 これはユズさんでもない、ユズちゃんでもない……!! ユズさまだ!!!! 「人ゴミに酔いそうなんだが。桜は綺麗だな」 「はい! でも! ユズさんの方が、むぐっ!」 「それ以上言わなくていい、もう黙っていてくれ、森永君」 「むぐぐぐぐ」 恐ろしく混雑するお花見スポットで「桜よりユズさんの方が綺麗です」発言を容赦ない掌に阻止されて森永はちょっとしょ気たが。 ユズさんの手、あったかい、いいにおい……くんかくんか……ぺろぺろ……!! 「舐めないでくれ」 呆れ返った杠葉は口を塞がれて満更でもなかった森永から思いっきり顔を背けた。 ユズさん、ユズちゃん、ユズさま。 恋人が三人いるみたいだ。 なんっ…………て贅沢だ、これ。 みーーーんな、ぜっ…………んぶ、俺が独り占め!! 「あ! ユズさん笑ってるんですか!?」 「笑ってない」 「もっかい、もっかいちゃんと見せてください! 写メとらせてください! あと動画も!」 「帰る」 「あ……っ待って~~……!!」 クールビューティーの貴重な微笑みはいつだって彼によるもの。 end
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!