37 / 222

第37話

「洗濯物オッケーだよ」 「こっちも畳み終わったよ」 「ありがとう、助かった。 引き出しは寝室にあるよ」 「寝室だね、わかった」 洗濯物を持って、言われた通り寝室に向かう。 扉を開けるとダブルサイズぐらいのベッドが置いてあった。 その隣に引き出しが置いてあった。 引き出しの中身もぐちゃぐちゃだったから、きちんとどこに何があるか分かるように整理しておいた。 すべての服を引き出しに入れ終わると、先生が入ってきた。 「ありがとう! すごく助かったよ」 「えへへ、お役に立てたのなら良かった」 ナデナデと頭を撫でられる。 また子ども扱いして。 撫でていた手が、スルッと頬に滑ってきた。 「でも」と先生が口を開く。 「警戒心がまるで無い。他の男にもホイホイ付いていくの?」 「わっ!」 後にあったベッドに押し倒されて、問われる。 またこの目だ。射抜くような、この目。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!