126 / 131

58. 不安定3

「…ごめんね、高虎」 給湯室へ訪れた高虎は、探偵殿と名波警視の分のアイスコーヒーも頂けますか、と言った。 うちにはアイスコーヒーディスペンサーがないから、アイスコーヒーはコーヒーマシンで濃い目に淹れたものを氷で一気に冷やして作る。 高虎の分、一杯分が落ちたばかりで、今からまた新たに2人分を落とさなくてはいけない。 わざと時間のかかるよう、時を置いて知らせに来たのだろうか。 僕に余計なことを聞かせないために。 きっと僕を守るために。 なのに僕は、知りたいと思う。 自分に起きていること、それが例え知ることで危険が及ぶとしたって、一人知らずにいるのは嫌だと思う。 こんな僕に守られる価値なんて、本当にあるのだろうか。 「何故謝るのです?」 高虎の掌が、頬に触れる。心配そうな瞳に覗き込まれる。 なんでこんなに大切にしてくれるんだろう……。 心配してくれなんて言ってない、なんて思うほどもう子供じゃない。 だけど、分からない。わからないんだ……。 「もう僕は、外に出ない方がいいのかもしれないね…」 代わりに出てきた言葉は、随分と自虐的。 「ねえ、高虎。お願いしたら、僕を何処かに閉じ込めて、誰にも迷惑が掛からないようにしてくれる?」 「っ……!」 バタン───と大きな音をさせて、高虎が給湯室の扉を開けた。 「探偵殿!」 やけに荒々しい足音。 「春子様のことは何があっても私が守ります。だから───」 高虎は一度両手を強くデスクに叩きつけると、その手で探偵の襟首を掴み上げた。 「貴様が命がけで風吹を守れ!!」 高虎っ、なにやって───!? 2人の鋭い視線が交わって、まるで火花を散らしているようだった。 「中川さん!」 葵君が二人の間に入って止めようとする。 高虎はそれを、左手一本で制する。 「例えすべてを隠すことでその身を守れたとて、それで風吹の心を壊してしまえば、守れたことに意味なんてないだろう!」 「高…虎……っ」 …僕が、……僕が余計なことを言ったからだ。 これ以上心配かけたかったわけじゃ、喧嘩をしてほしかったわけでもないのに……。 「ごめ…っ、ぼくっ…ごめっ…」 なんでだ…?なんでこうなった?なにが始まりで、どうしてこんな…… 遊びに行ってストーカーに目を付けられて、1人で買い物に行って倒れてる男の人を見つけて、犯人と間違えられて─── なんだよ。こんなの………ぜんぶ、僕のせいじゃないか…! 僕が、ぜんぶ───!! 「──どうした?お姫様」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!