127 / 131

59. 不安定4

頭上へかかる影。 頭にポンと、誰かの掌が触れた。 誰………? 「いやぁ、ヘンなタイミングで来ちゃったなぁ」 見たことのない、黒髪の男に、頭を撫でられていた。 気配を感じなかった。何時近くに寄ってきたのか、全然気づかなかった。 「お姫様を泣かせるなんて、いけない王子たちだ。悪いこと言わないから、俺にしとかない?」 あごに指がかかって、上を向かされる。 視線が交差すると、色気を含んだ甘い微笑が向けられる。 「泣き顔も、キレイだよ」 瞬きすると、頬に涙が伝い落ちた。 幾分見えやすくなった視界に映る、20代半ばの、目鼻立ちの整った男。 優しげな微笑みを宿している反面、どうしてだかその瞳の奥に危険な光を覚える。 「いただきます」 顔が近づいてくる。 その台詞と行動がどうにも繋がらなくて、首を傾げる。───と、 「っ…ぃテェーッ!!」 殴打音が瞬間3回聞こえたかと思うと、目の前のその人が頭を抱えて床にしゃがみ込んだ。 そのすぐ背後には、それぞれに拳を握りしめた探偵と、高虎と、葵君……。 な…なに……?? 「この男はバイセクシャルなのだよ」 「え…?なにが?」 「どうしますか?痴漢の現行犯逮捕で確保しましょうか」 「えっ?痴漢?」 「貴方はまったく…。どれだけ鈍ければ気が済むんだ」 「鈍いってなんだよ!?」 さっきまで一触即発だったくせに、なんで3人で結託して僕を責めるんだよ! 「あの…、大丈夫ですか?」 しゃがんだままのその人に手を差し伸べる。 掴み返そうと伸ばされた手が、バチンと弾かれた。 代わりに暴力的な探偵の手が、僕の手に触れてくる。 「この男に触ると妊娠するよ」 「っ…しっねーよ!男は妊娠しねーんだよ!!つーか、冗談でもそういうこと言うな。そう言うこと言われたら、傷つく人とか……、っ」 思いがけず、しゃくり上げてしまった。 探偵は、済まなかった、と声を落として、指先で涙を拭ってくる。 情緒不安定だ。皆が何も教えてくれないとか、僕だけが何も知らないとか、…そんなことばかりが問題じゃない。 僕自体が、不安定なのだ。 伊吹に居場所を取られることを恐れたり、昔のことを思い出したり、皆が僕を心配してくれているというのに、当の本人は勝手に悩んで勝手に荒れて……。 「───っ」 探偵の胸を拳で叩く。 滅茶苦茶だ。やっていること、やろうとしていること、ぜんぶ無茶苦茶だ。 「一条君?」 「手!」 もう一度、今度は左手でボスンと叩く。 「手、広げろ」 探偵は、怪訝そうに掌を広げる。 「違う。腕」 腕が左右に分かれて、がら空きになった胸に、思い切りしがみついた。 「一条君…?」 遠慮がちに、背中に手が回される。 「うっせーんだよ…」 思い切り足を踏んづけてやると、探偵はくぐもった悲鳴を上げた。 「テメェら俺に内緒かなんかしんねーけどコソコソしやがって…、ウゼーんだよ。そろそろこっちも限界なんだよ。ぜんぶ………っ、ぜんぶ!包み隠さず吐きやがれガキ共!!」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!