30 / 769

第12話 君は誰? Side心翔

八坂は天井を見つめながら話し続けている。 俺が八坂の父親だと思っていたのは、本当の父親じゃない事。 本当の父親に・・・・。 俺だったら・・・。 耐えれない。 八坂は、1人で耐えてきたのか? こんな残酷な話って本当にあるのかよ。 八坂の事を何も知らないで笑顔にしたいとか俺・・・・。 無神経だった。 きっと今も無神経な行動をしているのかもしれない。 胸が張り裂けそうだった。 俺の中の感情が渦を巻く・・・・。 泣かずに淡々と話している八坂。 そんな八坂を見ていたら自然と涙が目からこぼれ落ちていた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!