63 / 145

第64話

ちらっと様子をうかがうと… 今日は大人しく着替えているようだ…と思いきや、上の服を着終えて、ズボンを履こうとしたとき… 「あっ!」 急に声を上げるアキラ。 「な、なんだ?」 今度は何事かと… ハテナを飛ばし、アキラの顔を見ながら聞いてみるみずき。 「忘れてた、コウジたちに連絡するのを…今、何時だっけ…?」 アキラは、ズボンをほっぽって、みずきの方に寄ってきて聞く… 「あ、あぁ…えーと、10時前だな…」 みずきは目のやり場に困りながらも、ちゃんと答える。 「げ、10時かぁ…オレのケータイは…あ、あっちだな」 アキラはそうぼやいている。 アキラの携帯電話は隣の部屋の机の上だ…。 「あぁ…」 みずきは頷きながらも、心では、早くちゃんとした格好をしてほしいと願う。 アキラの今の格好は… 大きめサイズの水色系チェックのカッターと、上から、また大きめの白に青の文字入りフードつきトレーナーを着ている… が、ズボンを着ていないため…太ももがむき出しのかなりきわどい姿… サイズが大きいため下着が見えることはないが、襲ってくださいといわんばかりのアキラ… 朝からそんな姿を見れて嬉しいような…辛いような… 理性を優先させなくてはならない、みずきの胸は、虚しくドキドキしっぱなしだ。 そんなみずきを少し観察したあと、アキラは…不意に立ち上がり… 「取ってこよー」 そう呟いてルードたちのいる隣の部屋の方へ歩きだす。 「ち、ちょっと待て!」 その行動に驚き、ベッドから出て大慌てで止めに入るみずき。 そんな格好でヨシやルードの前にでると思うと気が気ではない… 「ふふ。冗談だって、面白かった!」 そうくすくす笑うアキラ。 やっぱりみずきはアキラのオモチャになってしまうのだった。 「っ、はぁ…」 そんなアキラに苦笑いな溜め息のみずき。 アキラはさっさとズボンを履いて…みずきの傍に寄って来て、微笑むと… 「…みずきのえっち!」 ぽそっと耳元で囁いて… 「な、…ん!」 アキラはマイペースに口塞ぎ攻撃を仕掛け… みずきが動揺している隙に、さっと脇をすり抜け、ポンとみずきのおしりを叩いて… 「へへ…頭冷めるまで、ゆっくり寝とけよ!」 そして、さっさと歩いて行ってしまう。 そんな可愛い笑顔でトドメをさされると… 「アキラ…」 何も言い返せなくなるのがみずき。 ちょっとだけアキラに仕返し出来ればな、などと心で思ったりするけれど… やっぱりそれはできなくて… それはアキラのいたずらには、困ってしまうけれど嫌ではないから… それでアキラが満足して笑ってくれるなら、いくらでもからかわれたいくらいだから…と結局は思ってしまう。 みずきは言われたとおり、布団に戻ってしばらく…やや紅くなった顔を冷ましてから、みんなのもとへ戻るのだった。 《元旦の朝》終
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!