203 / 259

お騒がせ中学生④

「空にーちゃん、俺腹減った」 「あ、ほんと?あと30分くらいでひよしさん帰って来るから、車でどっか連れてって貰おうか」 「えー、俺いますぐ食べに行きたい!」 理玖君がわがままを言い始めた。 孝太郎さんも手焼いてるんだろうな、とちょっと思った。 「うーん、じゃあ近くのファミレスでもいい?」 「うん!空にーちゃんと一緒ならどこでもいーよ!」 まぁ可愛いから良しとしようかな、とも思った。 「じゃあ着替えてくるからちょっと待っててね!」 僕は部屋に戻った。 とりあえずひよしさんに連絡しておかないと。 『理玖君がお腹すいたらしいからファミレスに行ってくるね』 と、ひよしさんにラインをいれた。 それから着替えようと思ってシャツを脱いだ。 ふと視線を感じて、そっちを見ると、理玖君がじーっと僕の方を凝視していた。 「わっ、びっくりした!どうしたの?」 リビングにいた筈の理玖君が、いつの間にか部屋の前で無言で突っ立ってるから驚いた。 理玖君は、ただ何も喋らずじっと僕を見ている。 「あ、そうか…、ごめんね、すぐ準備するからね」 もしかして待ちきれないのかな、と思ってそう言った。 でも理玖君の口からは、全く別の言葉が返ってきた。 「空にーちゃんの身体って、凄いキレイだよね」 「えっ、そ、そうかな…」 「うん、凄くキレイ。色、白いんだね。それに柔らかそう…」 純粋な視線でじーっと僕の身体を見つめる理玖君。 こんな貧相な身体をじーっと見られていることがなんだか恥ずかしくなって、慌ててシャツを着た。 「あーっ、なんで着ちゃうの!?」 「着ないと出かけられないじゃん!ファミレス行くんでしょ?早く行こ!」 僕は誤魔化すように、理玖君を部屋から連れ出した。 ♧♧♧ アルファポリスの方がだいぶ進んでいますので、続きが気になる方はこちらをどうぞ♪→https://www.alphapolis.co.jp/novel/79332834/121173825
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!