12 / 31

第12話

12  スーウェンさんは、次の日もその次の日もお店に来なかった。もう夜も深くなった公園で周囲を見回しては、肩を落とす日が続いた。唇を噛みしめ俯く。  会いたい。  会いたかった。  お礼がしたい。話がしたい。声を聞きたい。笑った顔を見たい。  会いたい。 『スーウェン、ちょっと前に来てたよ』  エリアさんのその言葉に、手の力が抜ける。持っていた鞄が落ちた。「え」と間抜けな返答をしてしまう。  え、だって、まだ、開店前で、まだ、看板だって出していないのに。そんな。 『そうなんです、か』  エリアさんの顔を見れない。うまく笑えない。鞄を拾う動作にかこつけて視線を逸らす。スーウェンさんはきっとまたお店に来る。また絶対に会える。それなのに、今会えなかったことが、酷く残念で悲しかった。  もっと早く起きて、もっと早くにお店に来ていれば。そんなどうしようもないことを考えてしまう。 『ノゾミくんのこと心配していたよ。体調大丈夫かって。もう何日過ぎたと思ってるんだって怒っておいたから。あいつ、今、最高潮に時間感覚狂ってるわ』  気に掛けてくれたんだ。  忙しいんだろうな。リントスとの戦争、新兵器――救世主のせいで、僕の、せいで。段々と思考が沼に沈んでいこうとする。 『ノゾミくん?』  エリアさんの怪訝そうな声に、ハッと我に返り慌てて首を横に振った。ダメだ、ダメだ。考えるな。 『大丈夫です、すいません』  厨房の奥に入りエプロンをつける。手を洗い、店を開ける準備を始めた。エリアさんが前もって焼いてくれているケーキやパンの飾り付けや棚だしが朝の仕事だ。  力を入れて背筋を伸ばし歩く。 『ごめんね。引き留めておけばよかったね』  エリアさんの申し訳なさそうな顔に、焦る。 『あの、僕が一方的に会いたかっただけなので、スーウェンさんの仕事に迷惑かけられないですし』  頬が熱い。エリアさんにはバレバレだったんだ。みっともないな。気持ち悪いよな。僕に会いたいなんて言われても。むしろ、そう伝えられないでよかった。  エリアさんは少し笑って言った。 『スーウェンも会いたがってたよ』  僕も笑う。 『ありがとうございます』  エリアさんは優しい。気遣ってもらっているとわかる。心は沈んだまま、それでも、自然と口角が上がった。  ふとすれば曲がってしまうそうな背をもう一度意識して伸ばす。  今日も頑張ろう。  *** 『……ノゾミくん、目の下、隈できてるよ』  ずずいとミラさんが顔を寄せてきた。白い指先が僕の目元に触れる。反射的に目を閉じた。それから、恐る恐る開ける。  ミラさんは眉根を寄せ、首を傾げていた。 『悩み事? 大丈夫? 疲れてる?』 『大丈夫ですよ。ええと、ちょっと、眠れなくて』 『それだけ? また体調悪いんじゃ』 『ほ、本当に大丈夫です!』   じぃとそんなに強い視線で見つめられるといたたまれない。『大丈夫』を必死で繰り返し、にっこり笑ってみせれば、ミラさんはようやく納得してくれたようで、『わかった』と呟くように言い、開店準備にとりかかった。  変につっこまれないで、助かった。だって、なんて答えればいいんだ。  スーウェンさんには会えないままで、色々ぐるぐる考える夜が続いたせいだなんて、言えるわけもない。  そんなの気持ち悪すぎるだろう。  手書きの黒板を手に持ち、扉の外の壁へ立てかけた。朝の空気は冷たく澄んでいて、頭が冴える。  数歩下がって、黒板とお店のバランスを見てみる。うん、良い感じだ。  今日も1日、しっかり働こ 『おっ、おはよう、ノゾミ』   う。  振り返る。  ふらふらふらふら、足取りのあやしいスーウェンさんが片手を挙げ近づいてくる。  途端、心臓が跳ね上がった。 『い、いらっしゃい、ませっ』
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!