220 / 252

海外旅行は”でーと“にはなりません 2

「なら、人目が気にならないところに行けばいいんだね?」 「は?」 「そうだな…結構堂々としてるのはフランス・イギリス辺りだけど……つーくんに本場のフランス料理食べさせてあげたいからフランスかな。観光にもいいし」 「あの、なんの話しをしているんですか?」 話の脈略が見えず困惑する。何故デートの話から飛躍して海外の話になるのだろうか。 「デートの話だよ?」 (でーとと、海外になんの繋がりg…………わ、かった……) 流石鼓、素晴らしい頭の回転の速さで謎を解いてしまったらしい。 「でーと、って」 「海外だったら、いいでしょ?まだ日本は差別的だからね」 いいわけあるか!とツッコミたいのを抑え引き攣る笑みを作る。かなり不格好だ。 「海外はちょっ、と…」 「心配しなくてもお金は全部俺が出すよ。パスポートも一緒に作りに行こう?つーくん英語得意だし、フランス語も出来るよね?」 「でも…」 どうにかして断る理由を考える。どうやった所で遼介に勝てるはずもないが、鼓は海外には行けない深いワケがあるのだ。 (そっちの地方は特にダメ。でも断る理由がないんだよね、正直行きたいと思ってるし) 次第に鼓の思考が、デートに行きたいのほうへ傾いていく。 ちなみに2人の世界に入っているため気づいていないが、周りはかなり野次を飛ばしている。 「お似合いだな!」「結婚式呼んでくれよ!」「美男美男カップル!」等々……。 「先輩、」 「そう言えばもう遼介って呼んでくれないんだね」 「」 また話が飛躍し今度は脳みそごと固まる。ついでに息も止まっていた。 「ハッ…そ、その話は後でです!俺は国内でーとがいいです!海外に行くのはハネムーンでお願いします!」 「…ハネムーン行ってくれるんだ」 さらり、とんでも発言をしたにも関わらず鼓はチャイム鳴りましたよ!と遼介を自教室へと追い返した。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!