237 / 783

第237話 ランチタイム 5

「して欲しいこと、なんでもして貰えばいいんじゃないってこと。そのうちお菓子も作ってくれちゃうかもよ。きっと西岡先生がしてくれって言ったら、料理だけじゃなくて掃除や洗濯、家事もなんでもしてくれるかもねぇ」 「いや、そこまでは」  半ば宙を見つめて話し出した片平の様子に我に返り、僕は慌てて首を振った。確かに言ったらしてくれそうな勢いはあるけど。 「嫁じゃないんだから」 「嫁ポジションいいじゃなーい。既にお母さんとはメル友だし、ね」 「は? なんだそれ、聞いてないぞ」  口元に手を当てて笑いをこらえる片平の視線の先で、ふいに顔をそらした藤堂の腕を僕はとっさに掴んだ。 「この前、先生の実家に行った帰りに……連絡先聞かれて、たまに」 「だから、か。なんか変だと思ってたんだよな」  最近のメニューと、味――実家の母親の味つけとすごく似ていた。  ポツリと呟いた藤堂の言葉でやっと、心のどこかに引っかかっていたものが抜けた。それと同時に顔が一気に熱くなる。 「って言うか、なに勝手に連絡先交換してんだあの人」  抑えた頭が一瞬くらりとした。自分の母親ながら考えがまったく読めない。 「まあ、そのおかげで毎日美味しいご飯を食べられるんだから。あ、いっそ先生の家に住み込みとかどう?」 「勝手に盛り上がるんじゃない!」  いまだ楽しそうな片平の暴走はしばらく止まりそうにない。 「迷惑でした?」 「……いや、迷惑じゃ、ないけど」  掴んでいた腕がわずかに引かれ、藤堂が不安そうにじっと僕を見つめる――その顔に、僕は相変わらず弱くて言葉が詰まってしまった。迷惑どころか嬉しいに決まってる。 「うん、なんか平和だよね」 「こら、三島。なに一人で第三者な顔をしてるんだよ」  やたらとウキウキしている片平と、少し気まずそうに俯き加減な藤堂。そしてそれをニコニコと眺めている三島。  賑やかで少し騒がしいそれは結局いつもと変わらないお昼の光景。 [ランチタイム/end]
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!