33 / 219

第33話

* 途中で買い物に寄って、先生のアパートに帰ってきた。朝にもらった合鍵を使ってドキドキしながら中に入る。 ダイニングに荷物を置いて時計を見ると、時刻はちょうど18時を回ったところだった。 先生は19時くらいに帰るって言ってたから、今から夕食を作ればちょうどいい時間になるだろう。 (そういえば、先生ってどんな料理が好きなんだろう。今度聞いておかなきゃ) なるべく先生が美味しいと思ってくれるものを作って、喜んでもらいたい。 そんなことを考えながら調理をして、一時間と少し経ったくらいで先生からメッセージが届いた。 『ごめん、もう少し遅くなる。先食べてても良いから』 (仕事で何かあったのかな) 教師って大変なんだなと思いつつ、『分かりました。俺のことは気にしないでください』と送っておく。 こんな家庭的なメッセージのやりとりも初めてのことだから、胸がむずむずして、スマホをぎゅっと押し付けた。 (早く、会いたいな……) 数時間前にも学校で顔を合わせたのに、そんなことを思ってしまう自分に驚いた。どんどん贅沢になっていく自分が怖い。けど幸せとも思う、不思議な感覚。 どちらにしても、仕事なら仕方ない。せっかく時間が出来たのだからと、軽く掃除をして待つこと30分。 (帰ってきた……!) 扉が開く音がした瞬間に立ち上がって、小走りで玄関に向かう。 「お帰りなさい」 靴を脱いでいる途中だった先生が顔を上げ、目を瞬かせた。何か驚いたような、そんな顔をしている。 「先生?」 何か変なことをしてしまったのかと不安になったが、よく考えると待ってました感があからさまだったかもしれない。帰ってきた瞬間小走りで寄って来るなんて、まるで子どものようだ。 (は、恥ずかしい……っ) 「あ、あのっ……俺っ」 今さら恥ずかしくなってあたふたしだした俺に、靴を脱いだ先生が「ただいま」と言った。苦笑した先生の手が俺の頭へとのびる。 「ごめん。嬉しすぎてびっくりしてた」 「嬉しい、ですか?」 「うん。だって、待っててくれたんだろ?」 (待ってた。すごく、待ってた) 待ってたというより、“待ち望んでた”の方が正しいかもしれない。 「……はい」 恥ずかしさを堪えて素直に頷くと、先生は嬉しそうに微笑んだ。 「ありがとな」 その笑顔は、こちらがお礼を言いたいくらいに格好良くて。頭から伝わる温もりは泣きそうなほど心地良い。 顔が熱くて、心臓はぎゅうっと痛い。 嬉しいのに苦しい、この不思議な感情は一体何なのか。今はよく分からなかった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!