41 / 219

第41話 高谷広side

* 達した瞬間に眠ってしまった心を、ゆっくりとベッドに横たえた。布団をかけると「や……」と眉をひそめて唸った心に、心苦しくなる。 「……ごめんな」 罪悪感に苛まれ、赤い目元を撫でてから寝室を後にした。暗がりの中、リビングにあるソファに沈むように腰を下ろし、掌で目を覆った。自分の犯した過ちから、逃れたいがための行動だった。 心はまだ何も知らない子どもだ。そんな子にとんでもないことをしでかしてしまった。 『先生、おねがい……』 あの日、心が俺にすがった日。 初めはただ、力になりたいだけだった。担任として、従兄弟として、あの子に泣いて欲しくないだけだった。 ただそれだけだった感情が、徐々に変わっていってる。 『い……行ってきます』 だったそれだけの言葉で幸せそうにするのが、健気でほっとけなくて。 『先生も、行ってらっしゃい、です』 俺自身も、こんなに幸せな気持ちになるのは初めてで。 『……だから、今まで頑張った分の貯金のおかげ、ですね』 その言葉がすごく嬉しくて。救われて。 『せんせっ、俺っ、こんな……っ』 羞恥心に涙を流す心に、胸が熱くなった。 従兄弟だから問題ないと、自分の中で勝手に理由をつけて、無垢なあの子に触れてしまった。 『あ、やぁ、や……せんせぇ……』 潤んだ瞳。真っ赤に染まった頬。上ずった切ない声。その全てを鮮明に憶えている。 最低なことに、自分は心のあの姿に反応してしまったのだ。 「これはヤバイ……」 ありえない感情。もってはならない感情。 俺はこれからどうすればいいのだろう。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!