30 / 106

14

「……え、」  どく、と心臓が大きく跳ねた。  頭の中が真っ白になって、時間が止まったような感覚に陥って――その中で、じわりと触れられたところから染み込んでくる温もりが、僕の胸の奥へ滴るように流れ落ちる。  ……温かい。 「――……ッ」  つい、その手のひらに縋り付きそうになったところで、また――赤い映像が、フラッシュバックした。思わずその手のひらを振り払って、僕は逃げるようにして後退する。 「……、あ、……ごめん。……えっと、……何?」  彼と距離をとると、少しばかり落ち着いてくる。そうすれば、乱暴に彼の手を振り払ってしまったことへの後悔が迫ってきた。こんな風に手を振り払ったら、彼も嫌な気分になってしまうのではないだろうか。  恐る恐る彼の顔を見てみる。彼は少しびっくりしたような顔をしていたが、いつものようにまたからっと笑ってくれた。ホッとした自分の幼稚さに、呆れてしまう。 「……あの、朝霧さん。来週の木曜日、やっぱり一緒にご飯行きませんか?」 「……え? それは……さっき断ったと思うけど……」 「うん、でも朝霧さん……寂しそうなんだもん」 「――は?」  暁くんの言葉に、ギク、と肺が震えるような痛みを覚えた。  寂しい――そうだ、僕は、暁くんと別れることが、寂しいのだ。暁くんと一緒に居たいなんて思ってはいけないのに、僕は暁くんと別れたくないと思ってしまっていたのだ。この感情を知らないはずはないのに、僕はそんな自分を認めたくなくて、わからないふりをしていた。  ああ、なんてことを考えていたんだろう。僕にはそんな資格がないのに。僕は居場所があってはいけない人間なのに。暁くんに気付かされた僕自身の欲望に、僕は恐怖を覚えた。 「……僕は、……寂しくなんてない。きみと食事をするつもりもないし、今後きみと会いたいとも思っていない。勝手なことを言わないで」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

雪のクリスマスイヴに出会った二人の焦れったいラヴコメ
6リアクション
19話 / 133,007文字 / 10
8/12 更新
入選 テーマ縛り短編小説コンテスト ~ 結婚 ~
愛のためなら何でもできる! 十四年かかった究極のプロポーズ方法!
143リアクション
6話 / 4,885文字 / 265
2017/6/21 更新
鬼畜眼鏡10週年記念。眼鏡克哉×ノーマル克哉
16リアクション
5話 / 8,310文字 / 52
2017/11/11 更新
誰と暮らしてるって聞かれて、俺には「彼氏と暮らしてる」なんて言えっこないや。
12リアクション
6話 / 40,121文字 / 149
2017/12/25 更新
Ωであり王に仕える魄は様々な欲望渦巻く王宮内で逃れられない運命に翻弄されてゆく―――。
117リアクション
152話 / 111,623文字 / 79
2018/6/18 更新
特別な日の後日談ですがこれだけでも読めるかと思います
3リアクション
39話 / 26,472文字 / 20
2018/11/30 更新