328 / 330

それから⑤

side:黒檀 俺は須崎家の三男として生まれた。 獣化すると、父さんと同じ真っ黒の毛並み。 (ちぃ)兄ちゃんの時と同じく、(おお)兄ちゃんが名付け親になってくれた。 年子で生まれたから、母さんは子育てに奮闘したらしいが、末っ子ということもあり、みんなから愛情たっぷりに育てられ、小兄ちゃんと同じ高校に通っている。 大兄ちゃんが本当の兄弟じゃないことは、つい最近、大兄ちゃん本人から聞いた。 父さんのことを『黒曜』って呼んでたから、ずっと不思議に思ってたんだ。 流石にびっくりしたけれど、俺達の関係は…全く変わらなかった。 だって、大兄ちゃんは大兄ちゃんだもん。 俺達に告白した大兄ちゃんは、母さんからこっ酷く叱られていたけれど。 イケメンの父さんに似た大兄ちゃんと小兄ちゃん、そしてかわいい系の母さんの血を引いた俺達は、自分で言うのも何だけど、幼い頃からモテていた。 が… 物心つく頃には『俺達はフツーの人間じゃない』こともそれなりに理解していた。 だから、恋愛するなら人狼がいいな…と漠然と思っていたし、いくら告白されてもその気にならず、自分から告白することもなかった。 父さん達も、大兄ちゃんも、小兄ちゃんも、しっかりと相手を見つけている。 どこにそんな人狼が転んでるんだ? 番って、そんなに簡単に見つけられるものなのか? 俺だって“青春”したいんだよ! まぁ…学生の本分は勉強だし! 焦らずに、大人のイイ男になろうと決めているんだ。 それに、俺は叶えたい夢があって、卒業したら専門学校に行こうと思ってる。 今日もその学費を稼ぐためのバイトへ向かう。 父さんも母さんも『その必要はない』と言うけれど。 「お疲れ様でーす!」 「あ、須崎君!今日からバイトに入る真田祐樹(ゆうき)君。 いろいろ教えてあげてねー。」 目が合った瞬間、脳天から電気が突き抜けた。 彼も目を見開き固まったまま動かない。 間違いない、彼は、俺の………
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!