183 / 185

第183話 神崎side

それからの一週間は地獄のようだった。 西谷は仕事をなんとか覚えてくれて、俺もついに明日が組に顔を出す最後の日になった。 「よく頑張ったね。」 「······まあ、そうだな。」 「お疲れ様。まだ明日が残ってるけど」 「ああ。明日で全部終わるんだな。」 考えたら寂しくなってくる。 胸がソワソワして、その気持ちが秀に伝わったのか苦笑を零した。 「新しい生活が始まるんだよ。寂しくないよ。」 「うん」 「何かしたいこと見つけていこうね。」 その言葉に頷いて、目の前に並ぶ食事を食べる。 「お酒飲む?」 「ううん、今日は要らない。」 「そう」 最後の日って緊張する。 明日もいい日になればいい。そう思いながらご飯を平らげた。 *** 「行ってくる」 「うん。行ってらっしゃい」 最終日。家を出て車に乗り組に向かう。 ああ、今日でこれも最後なのか。いつもの日常がこれで終わるんだな。 組の門をくくって車を部下に預ける。 「神崎さん!おはようございます!」 「ああ、おはよう。」 部下と挨拶を交わして幹部室に行く。 そこにはもう全員がいて珍しくて驚いた。 「早いな」 「皆徹夜。昨日夜に立岡さんが仕事持ってきたの。」 「へえ」 「それがなかなか終わんなくてさ。相馬はもう死んだ」 夏目がそう言って相馬を指さす。確かに、天井を仰いで何かブツブツと呟いている。 「西谷は?」 「親父と話してるよ。お前今日で最後だろ?荷物片付けろ」 「わかってる」 自分のデスクに行き荷物を片付ける。今日はこれが終われば親父と若に挨拶をして帰る。 「お前がいなくなるの寂しいなぁ」 「······そうか」 夏目が嬉しいことを言ってくれる。その気持ちを隠して、俯きながら口元が少し緩むとを堪えた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!