183 / 344

10(5)

「いや……いや、みないで……けいた……あっ……あっ……」  かく、かく、と波折の腰が震えながら潮はこぼれていった。やっと波折に潮を吹かせることができて、鑓水は感動してしばらく固まっていた。それがいけなかったのか、波折は鑓水がひいていると勘違いしている。嗚咽をあげながら泣いて、自分の顔を隠して、鑓水の視線から逃げていた。 「ごめんなさい……もらしてごめんなさい……」 「えー、漏らすっていうか、これ」 「嫌わないで……おねがい……今度はちゃんと言うこときくから……慧太、嫌わないでください……ごめんなさい……」  予想外の反応に鑓水はあれ、と頭を掻く。動画では悦んでどばどばと出していたのに、なんでこんなに申し訳なさそうにしているんだ、と。こっちは波折が潮吹きしているのをみて最高に興奮しているんだけどなあ、正直言えばそうやって唖然としている様子も最高にイイと思っているんだけどなあ、といろいろと考えながら、鑓水は波折にちゅ、とキスをする。 「波折」 「やっ……慧太……おねがい、嫌わないで……」 「ごめんな、よくここまで頑張ったな」 「でも……でも……」 「こうさせたかったんだって。恥ずかしがらなくていいよ」 「……ひいてない? 嫌ってない?」 「嫌ってない。大好き」 「……ほんと?」 「ほんとう。ほら、おいで」  鑓水がぐっと波折の背を抱えて起き上がる。あぐらをかいて、その上に波折を乗せるようにしてやると、波折がぴくん、と震えた。中にはいったペニスが自らの体重でぐりっと奥に入り込んだからだろう。びしょびしょに濡れたアソコが触れ合って、そこからじわじわといやらしい感覚が広がってゆく。 「もう我慢しなくていい。いっぱいイッていいからな」 「……けいた」 「波折……可愛い。好きだよ」 「けいたっ……好きっ……」  二人はぎゅっと抱きしめ合った。鑓水はちゅ、と触れるだけのキスをして、波折に微笑みかけてやる。そうすれば波折は本当に嬉しそうな顔をして、へへ、と笑った。  ゆっくりと、鑓水が腰を揺すってやる。ギシ、ギシ、とベッドのスプリングがなって更に激しく波折は揺さぶられる。ぐ、ぐ、と強く奥を押される感覚がたまらなくて、波折は鑓水の肩口に顔を押し付けながら与えられる快楽に耽っていった。 「波折……締め付け、すごい。おまえ、ほんとイイ」 「ほんと……? あっ……んんっ……けいたも、きもちいい?」 「最高」 「うれしいっ……あっ……あふっ……んんっ……」 「ほら、波折も」 「あぁあっ……やんっ……だめっ、いきなりっ……やぁんっ……」  ずっぷずっぷと濡れた結合部が音をたてる。波折は我慢から解放されて、ペニスからぴゅくぴゅくと蜜を飛ばしながらイき続けた。波折も興奮が最高潮に達していたのか、自らも腰を揺らし快楽を貪ってゆく。二人で揺れて、揺れて、激しく求め合って。汗だくになりながら、息をきらしながら、熱を生んでゆく。 「あっ……けいたっ……すきっ……すきっ……! あぁっ……あっ……」 「波折っ……波折……!」 「けいたぁっ……もっと、……もっと……! けいたっ……だいすき、けいた……!」  鑓水も絶頂が訪れてきて、我慢が辛くなってきた。たまらず倒れこみ、波折に覆いかぶさる。じっと波折の顔を覗きこめば、波折はハッとしたように目を見開いて、そして中がびくびくびくびくっ、と震えた。そのままじっと見つめれば、とろんと顔が蕩けていって、唇から「けいた……」と弱々しい甘えたな声が零れてくる。 「……愛している」 「んっ……!」 「愛しているよ、波折」 「あっ……あぁっ……」  鑓水が波折をみつめながら愛を囁やけば、波折はその度にイッた。波折は顔を真っ赤にして、鑓水の視線から逃げるように目を閉じている。それでも耳元で再びささやけば、またイッてしまう。ゆっくりと、そして徐々に激しくピストンしていけば、波折は嬌声をあげて激しくイきまくった。 「波折っ……!」 「あぁあっ……けいたっ……!」 「出すぞ、なかに……!」 「だしてっ……けいたっ……けいた、けいた……だして……大好き……けいた……」  恥ずかしそうにしながらも泣きながら、嬉しそうに笑った波折に、鑓水の最後の壁のようなものが壊れてしまう。一気に波折に中出ししてやれば、波折は「あっ……」と儚い声をあげて最後にまた絶頂に達した。  しばらく、挿れたまま抱きしめあって、キスをたくさんしていた。波折が顔をとろとろにしているものだから、あんまりにも可愛くて鑓水はどろどろに甘い言葉を吐いて波折をたくさん可愛がる。 「けいた……」 「ん……?」 「……しあわせ」 「……っ、そっか」  波折が、笑った。どうしたの、と波折に目元を触られて、鑓水は気づく。波折のことを好きすぎていつのまにか俺は泣いていたんだな、と。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!