5 / 7

自慰

鉄平は志狼に抱きかかえられて、風呂場から出た。 何度もキスをし、志狼に身体中を愛撫され、のぼせてしまったのだ。 布団の上に鉄平の体をそっと下ろして、志狼は冷蔵庫からミネラルウォーターを出してきた。口移しで鉄平に水を飲ませる。 「……んっ……ん」 可愛いやきもちを妬いた子猫が愛しくて仕方ない。 優しくキスをして、名残惜しげ唇を離した。 鉄平がぼんやりと志狼を見上げた。 「お、お仕置きって、何するの?」 あどけなく聞いてきた鉄平に、志狼の胸が疼いた。 実はとっくにお仕置きする気など失せているのだが、少し不安げに自分を見つめる鉄平にイタズラ心が芽生えた。 「そうだな……」 熱い瞳で見つめられ、鉄平が息を呑んだ。 志狼は鉄平の膝に手をかけて、大きく脚を開かせた。 「やっ!?」 鉄平が両手で股間を隠す。 「そうだ。そのまま……」 鉄平の小さな手に自分の手を重ね 「自分でしごいて、気持ちよくしてみろ」 甘く命令した。 「やだっ……で、きないよ」 「できるさ。ほら」 志狼は大きな手で導いてやる。 「やぁっ!」 「こうして擦ってみろ。こっちの手で玉を揉むんだ」 「あ……」 志狼はどうあっても鉄平にオナニーさせる気だ。 鉄平は諦めたように目を閉じて、ゆるゆると手を動かした。 「ん、あっ……う」 鉄平はぐちゅぐちゅと卑猥な音をたてて、オナニーをする。 志狼の見ている前で。 ───恥ずかしい。恥ずかしい。 でも、止められない。すでに鉄平のペニスは硬く勃ちあがっていた。 「気持ちいいか? タマ」 エロすぎだろ……と、志狼は心の中で独り言ちた。 恥ずかしがりながら、必死に可愛らしいペニスをしごく鉄平はいやらしかった。 「やだ……見ないでよ……やめて、しろぉ」 ふるふると首を振って、それでも手は休まず動き続ける。 「分かった」 「ひぁっ!?」 志狼は鉄平の膝裏を持ち、ぐっと倒した。 アナルが見えるように、ひっくり返して、ベロリと舐めた。 「あっ! いやぁ!」 「ほら。見ないでやるから、ちんこは自分で弄ってろ」 そう言って、ヌルヌルと窄まりに舌を這わせた。 確かに自慰行為を視姦されずにすむが、これでは…… 「や、や! しろう……はぁあ!」 「後ろは俺が気持ちよくしてやる。前は自分で気持ちよくしろ」 「うう……」 鉄平はキツく目を閉じて、羞恥に震えながらも、またペニスに手を伸ばしてしごき始めた。 「や、あぁあ!……はっ、はっ…んん!」 ───オナニーしながら……しろうにお尻の穴、舐められてる。 あまりにもいやらしい行為に、鉄平の心臓はバクバクと早鐘を打つ。 じゅっ……びちゃびちゃ……と、卑猥な音をたてて、志狼が鉄平の桃色のアナルに吸い付く。 「はぁっ、は!……あ、あ、あぁあ」 恥ずかしいけど、気持ちがいい。 鉄平は我を忘れて、夢中で自慰行為に耽った。 「あっあっ、も、いっちゃう……!」 志狼はグリッと、舌をアナルに捻じ込んだ。 「あッッ!! ───は、あぁあっ!!」 その瞬間、ビクビクと華奢な体を痙攣させて、鉄平は自分の腹の上に射精した。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!