6 / 7

獣の体位

「はぁっ、はぁっ……あ!?」 荒い呼吸を繰り返す鉄平は、イッたばかりの震える体を伏せにひっくり返された。 首根っこを押さえつけられ、尻を高く上げられる。 「はぁ……あぅう……し、ろぉ」 鉄平が自分の前で自慰行為でイッたことに、志狼は興奮しきっていた。 獣のようにベロベロと、志狼を受け入れる鉄平の雌の孔にむしゃぶりついた。 「あっ! あぁあ!……ちょ……まって、はぁあ! やぁ…や! や……」 荒々しい志狼の責めに鉄平は悲鳴のような喘ぎ声をあげて、体を震わせた。 じゅるじゅると卑猥すぎる音が響く。 がっちりと押さえ込まれ、尻を貪られて、鉄平は啜り泣いた。 「うっ……う、あぁ……やだぁあ……ひっく」 「はぁ……タマ……」 「あっ! 嫌ぁ……やぁ、しろぉ……やだ…やだ! 待って……おねが……ひぃ」 ゴツゴツした指をアナルに埋められて、鉄平はゾクゾクと腰を揺らした。 ぐるりと回され、性急に二本めの指を入れられた。 「あ! ひぃ! やだぁあ……あっ、あっ、あ───ッ!!」 二本の指を差し入れて、くぱぁ……と、鉄平のアナルを開いた 「ひ、いぃあ、ぅあ!」 「……やらしい色だな。」 「やめ……やめてッ! やめて…やだやだ……見ないでぇ!」 鉄平は泣きじゃくって、志狼に哀願する。 「お、お願ぃ……ひっく……見、ないでぇ……あぁ、いや……これ以上はいやぁ、やだ、嫌ぁ!」 鉄平の泣き声にも、鳴き声にも、志狼は興奮する。 指を増やし、グポグポと後孔を犯して、伸びきったアナルの襞を舐めまわした。 「あ、あぁあぁあ……もぉ、いや……しろう! しろう、やめてぇ……ゆるして!」 なす術もなく、鉄平は泣いて、鳴き続けた。 ゆっくりと志狼の指と舌が離れ、鉄平のアナルを解放した。 延々と舐めしゃぶられて、鉄平のアナルはふやけたようになってしまい、ピクピクとヒクついていた。 「は……は……ぅあ、は……」 鉄平は力尽きたように布団の上でぐったりとしていた。 「タマ……」 志狼が低く、情欲に掠れた声で呼ぶ。 その声に鉄平はゾクリと背を震わせた。 志狼は力強い手で鉄平の細い腰を掴み、尻を高く上げさせた。 「……あっ!」 恐ろしい程に熱く、硬い志狼の雄が鉄平の熟れた雌の孔に触れた。 「あ……待っ……!!」 志狼は一気に蕾を貫いた。 「───ひぃ、あ、ぁああッッ!!」 鉄平の華奢な体がガクガクと痙攣する。 その締め付けに、志狼が獣の唸り声をあげた。 「ああっ! あぁああ……!」 パンッパンッと、肉と肉がぶつかり合う淫靡な音を響かせながら、志狼は激しく腰を振って鉄平を責めた。 引き抜く度に、鉄平のアナルがめくれ、卑猥な肉の色が見える。 その色が志狼の中の獣性を煽りまくった。 何度も貫いて、体ごと鉄平を揺さぶった。 「あぁあっ! あう!……う、うぅう! や、はっあ……ひ、いぃい!」 壊れてしまうのではないかと思う程、激しく抱かれているのに、鉄平のペニスは萎えるどころか、再び硬く勃ち上がる。 志狼の強すぎる雄のフェロモンに支配され、鉄平は狂うほどに感じていた。 もっと、めちゃくちゃにして欲しいとさえ思った。 「あ! ぅあ、あ、あぁあ!……し、ろう、あっ……しろぉ…あぁああ」 志狼が鉄平の片脚を抱え上げ、更に抉るように腰を使った。 「うあぁあ!……はぁあ、あ! あ! ひっんん!」 グプグプといかがわしい音を立て抜き差しをされ、鉄平のアナルは健気に剛直を締め付ける。 「……っ!……タマ……!」 志狼は鉄平の腰を抱き起こした。 志狼の逞しい胸と、鉄平の華奢な背がぴったりと添うように、膝立ちになって交わり合う。 「あぁ、ああ……し、ろう」 鉄平の華奢な体が持ち上がる程に、大きく揺さぶられる。 感じすぎて不安になり、鉄平は細い腕を上げて、志狼の首に手を絡め、必死にしがみついた。 「ああ……タマ」 志狼が逞しい腕で、鉄平の華奢な体を強く抱いた。 「はぁ!……あ、あ、ふぅ…あっ……んんっ!」 汗で濡れた肌をぴったりと密着させ、二人同時に揺れ、交わる。 志狼は一度、男根を抜いて、鉄平を仰向けに転がした。 「あ……んん」 唇を貪り、脚を開かせる。 熱い雄の高まりは、すぐに鉄平の中へ戻った。 「ふ、ぁああッ!」 大きな手で鉄平の頭を抱え、噛み付くようにキスをする。 腰の動きは徐々に早く、更に激しくなっていく。 「ぅあ! あっ、あっ、あっは! し…ろぉ……あぁ! んんぅう!……ひぃ、あ!」 バツンバツンッと、激しい肉の音を立て、絶頂を目指す。 鉄平は志狼の逞しい肉体の下で、しなやかに身をくねらせ、甘く鳴いた。 つい一週間前までは、男どころか女すら知らない無垢だった体は、従順に志狼の雄を受け入れ、淫らに乱れた。 まっさらだった鉄平は志狼によって、体の奥まで快楽を叩き込まれたのだ。 自分の手で開花させた淫らな子猫が、可愛くて、愛しくてたまらない。 「あ、あぁあ、あ! しろう……しろ……いっちゃう、よぉ……あ、はぁ!」 「いいぞ……俺もイク……タマ、タマ」 「───ひぃあ! あああっ……!」 志狼は鉄平をキツく抱きしめ、その最奥に熱い白濁を吐き出した。 「鉄平……ッ!」 「───ぁあッッ!!」 強く強く抱きしめられ、熱い声で名を呼ばれて、鉄平も絶頂の証を吐き出した。 「は……ハァ、ハァ……し、ろ……」 鉄平は志狼の逞しい腕に抱きしめられたまま、落ちるように意識を失った。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!