168 / 226

第168話

1分ごとに、いやそれ以上にスマホを確認している気がする。 「あ〜〜〜…もう!」 水樹は苛立ちを隠しもせず、力任せに蓮根を叩き切った。 「危ないなぁ、何やってるの。指無くなるよ?」 「そこまで馬鹿なことしない。」 「わぁ怖い。そんなに低い声出たんだね。」 「一々カンに触る言い方だな全く…!」 包丁を握る手に余計に力が入るのを見た水無瀬は、肩を竦めて逃げるようにキッチンスペースを後にした。 水樹はまたちらりとスマホを確認する。未だなんの反応も示さないその真っ黒な画面が、落ち着けと言っているよう。被害妄想だとよくよくわかっているにも関わらず募る苛立ちをどうすることも出来ずにいた。 「小さい子じゃないんだから、スマホ見れない時くらいあるでしょ。龍樹は本読み出したら周り見えないし。」 「それがおかしい!返信しなくても既読はつけろって散々昔から言ってるのに!」 「君だって走ってる時にスマホ見ないでしょ?」 「走ってる時は物理的に無理。」 「もー、減らず口なんだから。」 「それ、お前にだけは言われたくない…!」 「龍樹が既読つけないなんていつものことなのになんで今日に限ってそんなにイライラしてるんだか。」 「それは…」 続けようとして、何も出てこなくて水樹は俯いた。 太さがバラバラに輪切りされた蓮根が目に映る。耳には、水無瀬の小さな呆れたような溜息が届く。 急に虚しくなって、水樹は無残に切られた蓮根を静かに整え始めた。 水無瀬の後押しを受けて、龍樹本人にあの先生とのことを問い質そうとメールしたにもかかわらず、返信は愚か既読もつかない。 もう数時間になる。 水無瀬の言う通り、龍樹は本を読み出すと止まらない。既読がつかないなんて日常茶飯事だ。 いつもなら気にせず返信があった時にちょっとした嫌味を言うくらいで済ませるのに、今日に限っては無性に苛立って仕方ない。 なんとなく胸がザワザワと落ち着かなくて、背中を何かが這っているような、足元が今にも崩れそうな不安感があるのだ。 先程水無瀬に背中を押してもらって、少し小さくなった胸のしこりがまた少しずつ大きくなってきている。 「そんなの、わかんない。」 ぽつりとこぼれた本音はあまりに情けなく震えていた。 その声に水無瀬も何かを感じたのか、再びキッチンに顔を出す。情けない顔を見られたくなくて、誤魔化すように切った野菜たちを鍋に放り込んだ。 「大体、水無瀬もそうだけど何のための携帯だよ!連絡取るためじゃん、携帯しないでどうする…あっつ!」 「水樹!」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!