2 / 7

醜いアヒルの子

「未央、大丈夫か⁉」 ドアが開いて、アツが下りてきた。 彼、四月生まれだから一つ上。クラスは一緒だけど。 クラスメイトの中で一番大人びているかも。 精悍な顔立ちで、人なつっこい、優しい性格はは、不思議と人を寄せ付ける。 女子にダンドツの人気を誇る彼。 こんな僕とは比べ物にならないくらい、キラキラ輝いていて、すごく格好いい。 だからかな、気が付けば彼の事が好きになってた。 でも、彼には、年上の可愛い彼女がいるから、片恋のまま。 側にいるのは正直辛いし、しんどい。 でも、友達としてなら・・・と、自分なりに割り切ったつもり。 「ごめん。目茶苦茶臭いよね・・・」 「まぁ、確かに・・・でも、気にならないよ。取り敢えず、俺んち行こう」 「うん。でも、車汚すから・・・」 一歩後ろに退いた僕の体がふわりと浮いた。 「俺が未央を抱っこして乗ればいいだけの話しだろ⁉何か違うか⁉」 「違くないけど」 わたわたする僕にはお構い無しのアツ。おばちゃんに、お礼を述べて、そのまま車に乗り込んだ。 「寺田さんごめんなさい・・・」 彼は、アツの守役の方。 本当、すみません。 あとで、ちゃんと掃除しますから。 「いいえ、気にしないで下さい。しかし、毎度ながら、大変ですね」 寺田さんは、鼻をハンカチで押さえ、呆れながらも笑うしかないみたい。 車で五分も走れば、すぐ、アツのうち。 両親共にお医者さんで、地元の名士。高い門に囲まれ、警備も厳重そのもの。 そんないい所のお坊ちゃんである彼が、幼馴染みというだけで、気色悪い僕と仲良くしてくれるのか、今だもって全然分からない。 車が停まるなり、アツは、僕を抱き抱えたまま、門を通り、自宅へ。 「このまま、風呂に行くぞ。しっかり掴まってろ」 「待って、靴‼」 僕にはやはりお構い無しの彼。 風呂場に直行し、ポンポンと自分の服を脱ぎ捨てると、均等のとれた隆々とした筋肉質の体が姿を現した。 何度みても、やっぱり見とれてしまう。 「アツ、待って‼」 彼の手がグジャグジャに濡れたTシャツを脱がし始めたから、慌てて止めた。 「今さら恥ずかしがる事ないだろ⁉未央の裸は、子供の時から見慣れているよ。はい、バンザイして」 「う、うん」 彼と、彼の両親は、僕の性別が二つある事を知ってる。 おばさんは、小児科の先生で、僕の主治医であり、なんでも相談にのってくれる。 いわば、お母さん代わり的な存在。 大好きな彼に脱がせて貰って、手が触れる度、ドキンドキン、ドクドク。 今にも、心臓が飛び出そう。 「洗わずにそのままでいいから、おいで未央」 ジャブ~ンと、アツが先に入って、手をおっきく開いた。膝の上においでって事かな? 躊躇していると手を引っ張られ、ドブ~ンと派手に水飛沫が上がった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!