46 / 120

思いがけない再会

アツの事、キッパリ忘れて、佳大さんと生きていくーー。 毎日、毎日、呪文の様に何度も自分に言い聞かせ、その度、溢れ落ちる悔し涙を手で拭い続け・・・。 気が付けば、一週間があっという間に過ぎていた。 「佳大さん、そこばっかイヤだ」 四つん這いにされ、ぴちゃぴちゃと後ろの秘所を散々舐められ、今度は、仰向けにゴロンと寝かせ、僕のと、女の子の割れ目を交互に口淫され、喘ぎ続けていた。 「朝っぱらから嫌・・・」 「ずっと、お預けくらっていたんだ。夕方には、住み込みの家政婦が来るし、そうなると未央とエッチ出来なくなるだろ?大丈夫、挿れないから」 「そんな・・・ひぁん‼」 秘口に、彼の舌が侵入してきて、思わず声を上げた。 たっぷりと蜜で溢れかえるそこを、ジュルッと啜られ、体がビクビクと小刻みに痙攣した。 「いつもより感度がいいな。妊娠したせいか⁉」 「知らない・・・そこ・・・ダメぇ‼」 「だめな訳ないだろ。こんだけ、蜜を溢して」 「っあ、あああ‼」 奥の突起を、クニクニと回すように擦りあげられ、嬌声が漏れ、僕のが頭をもたげ、一段と嵩をました。 「ダメぇ‼いっちゃうから、もう離して‼」 彼の髪を掴み、引き離そうとしたけど、微動だに動かない。 「佳大さん!嫌‼」 体が、ビクビクと大きく震え、鈴口から蜜が、どっと溢れ、秘口からも、堰を切ったかのように蜜が溢れでた。 「いっぱい出たな」 「びくびくって・・・震え・・・止まんない‼」 涙で霞む目で彼を見上げたら、抱き締められ、口付けが下りてきた。 「怖くない・・・気持ち良かった?」 「ぅん」 頷くと、彼、あちこちに口づけをしてきた。 「佳大さん・・・」 「なんだ?」 「・・・き・・・」 満悦の表情を浮かべる彼に、どうしても好きとは言えなかった。 だって、アツの事、信じてるんだもの。 例え、彼に、嫌われてもいい。 馬鹿にされてもいい。 ただ、側にいれるだけで。同じ空気を吸えるだけで充分だもの。 佳大さん、ごめんなさい。 貴方を愛そうとしたけど、やっぱり、アツの事が忘れられない。 お昼近くまで、彼はしつこく求めてきて、なかなか離してくれなかった。 お風呂に運ばれ、あんなとこや、そんなとこまで、体の隅々まで洗われ、また、ベットに運ばれーーようやく、離れてくれた。 「未央、家政婦さんの迎えに行ってくるから、留守を頼む」 頷いて、タオルケットを頭から被った。 やっと、一人になれる。 ううん、この子もいるから二人だ。 怠い体を小さく丸め、目を閉じた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!