18 / 39

17、傷〈景目線〉

  「おやおや、随分色っぽい格好ですね」  理人の住むマンションを出たところで、景は一人の男に呼び止められた。  景がきつい眼差しをそちらに向けると、エントランスを出てすぐの暗がりに白いセダンが停めてある。そこにもたれかかっていた男が、すっとこちらに歩を進めてきた。  このマンションの駐車場は裏手にあり、武知はそこに控えているはずだ。嫌な奴に見つかってしまったと、景は眉根を寄せてため息をついた。 「……美園さん。何かご用ですか」 「いやいやいや、私と香乃さんのアポを横取りして行ったのはあなたのほうですよ。しかもこんな時間まで、一体中で何をしていたんでしょうね」  美園優一は全てを見透かしたような目つきで、景の全身を舐め回すようにしげしげと見つめている。甘ったるい顔立ちに卑しい光を見つけてしまえば、景の苛立ちはさらに高まる一方だった。  ジャケットはなく、ワイシャツのボタンは中途半端に留めただけ。ついさっき少し涙を流してしまった上に、髪も乱れているだろう。まさかこんな格好をしているところを美園に見られてしまうとは……と、景は己の迂闊さに内心舌打ちをした。 「暗い顔をしていますね。喧嘩でもしたんですか」 「喧嘩なんて……かわいいもんじゃありませんよ。全部、ぶちまけてきたんです。全部」 「はぁ……やれやれ。本当に君は、加減を知らないおバカさんだ」 「……何だと?」  美園は細い唇に軽薄な笑みを浮かべつつ、景のすぐ間近に立った。美園の方が上背があるため、いくら睨みを聞かせて見ても、どうしても見上げる格好になってしまうのが口惜しい。 「差し上げた情報をどう使うかは君の自由ですが、まさかこうもカードの切り方が下手とはね」 「……俺は別に、理人に対して駆け引きをしたかったわけじゃない。……ただ」 「ただ、あの可愛いオメガさんを自分の元に引き戻したかった、んでしょ? じゃあ、別に言わなくていいことだって、いっぱいあったんじゃないですかね」 「そうかもしれない。……でも、高科のように、いつまでも理人を騙して、隠し事を持ち続けるなんて、俺にはできないよ」 「ふふっ……そうですか。その結果がどう出るか、見ものですね」  美園の視線が自分の首筋に注がれていることに気づき、景は素早くシャツの前を閉じた。しかし、ねっとりと絡みつくし視線が肌から離れることはなく、不快感だけが募っていく。  景が高科の過去を探り回っていた頃に、美園のほうからコンタクトがあったのだ。 『法務省のお若い方が、オメガ人身売買に興味を持たれていると聞きましたが、君は何を知りたいんですか?』と、甘い声をかけられた。  見るからにあやしい雰囲気を醸し出すアルファだったが、美園は警視庁幹部職に就くエリートだ。当時、高科を陥れるために躍起になっていた景にとって、美園からの取引は渡りに船だった。身分が高ければ高いほど、引き出せる情報の質はいい。高科の過去を掘り返すことができるなら、どんな代償を払うことになろうが厭わないと思っていた。 「……どうです、今から。香乃さんのアポのために、身体を空けていたんです。埋め合わせをしてくださいませんか?」 「……は? 何言ってるんです。あんたとはもう、終わりだと……」 「それはそうですが。……ふふっ……今まで、君はあのオメガを抱いていたんでしょう? セックスの匂いがする」 「っ……近づくな!!」  すんすんと首筋に鼻を近づけてくる美園の身体を突き放そうとしたが、逆に手首を掴まれてしまった。体格のいいアルファを前にしてしまえば、オメガである景の肉体など儚いものだ。どれだけ肉体を鍛えようとも、生まれ持った性質の違いは覆しようがない。 「……オメガのくせにオメガを抱くなんて、生意気なんですよ。身の程知らずなお坊ちゃんだ」 「……俺が誰を抱こうが、あんたに関係ないだろ!!」 「まぁ、それもそうですがね。……でも、オメガはアルファに支配されるべきなんですよ。たとえ君が、使い物にならない壊れたオメガであったとしてもね」 「ぁっ……!!」  ぎり……っ腕を捩じ上げられ、そのまま車に押し付けられる。不自然な方向に曲げられた関節が悲鳴を上げ、景は痛みのあまり声をあげそうになってしまう。  だが、プライドがそれを許さない。景は鋭い目つきで背後の美園を睨みつけた。 「離せ……!」 「ふふ……可愛いなぁ。抗うこともできないくせに、ムキになっちゃうんだから」 「やめろっ……! この野郎……っ」 「……いいじゃないですか。むしゃくしゃいしているんでしょう? 君のようにプライドの高いオメガを可愛く鳴かせるのが、私の唯一の愉しみだ。今夜も、可愛く喘がせてあげますよ?」  低く笑う美園の声に、全身がゾッと慄く。  だが、そのまま車に押し込まれそうになった景のことを、ぐいと力強く引き戻す腕があった。  嗅ぎ慣れた匂いと、耳に親しんだ男の声に、景はハッと気を取り戻す。 「何やってんだてめぇ!!」 「……あ、芦谷さん……」  美園を荒々しく突き飛ばしたのは、相棒である芦谷だった。  芦谷は景の身体をぐいと引き寄せ、忌々しげに顔を歪める美園のことを厳しい顔で睨みつけている。 「おいお前、どこのどいつだ。うちの職員に手ぇ出しやがって」 「……はぁ、やれやれ。随分と品のない輩が出てきたものですね」 「んだと? そっちこそ、上品ぶってる割には、随分ゲスいことをしておられるように見えましたが?」 「……ふん、気が削がれました。まぁいい。……また、改めてお誘いしますよ、夜神景くん」 「……え?」  景と暴漢が顔見知りだということに驚いたらしく、芦谷は目を瞬いて景を見下ろした。景は悔しさと惨めさに、ぎゅっと唇を引き結び、芦谷の目から顔を背ける。  やがて美園の車は走り去り、その場には芦屋と景だけになった。  馬鹿力で景の腕を掴んだままの芦屋に向かって、景はぼそりとこう呟いた。 「……痛いんですけど」 「え? あ……悪い。…………じゃなくて!! 何なんだよあいつは! お前はこんな時間まで、一体ここで何をしてたんだ!!」  芦屋の怒声にさえ、安堵してしまう自分が情けない。情けなくて、情けなくて、同時に腹が立ってきた。  大人気ないとはわかりつつも、景は芦屋に向かってこう言い放った。 「セックスですよ。それが何か」 「セッ……!? はぁ!? 誰と!? あの嫌味なアルファか!?」 「……違います。理人に決まってるでしょ」 「ええ!?」  そういう答えは想定外だったのか、芦屋は顔を赤くして黙ってしまった。景はぷいと顔を背けて、武知の待つ駐車場の方へと歩き去ろうとした。だが、芦屋に肩を掴まれ、阻まれてしまう。 「……お前は、本当に何てことを……! 彼は保護対象者だぞ!! 俺はもう、お前をこれ以上庇ってやれないからな!!」 「……庇ってなんて、もういりません。……全部、終わったようなもんですから」 「終わったって!? は? だいたいお前なぁ、一人で一体、何を抱えてんだ?」 「……」  悲しいかな、芦屋が現れて安堵したのは事実だった。緊迫していた身体から力が抜けて、思うように動かない。  その場で佇んでいる景のもとへ、芦屋がゆっくりと歩み寄ってくる。そしてぽんと背中を叩かれた。 「話ぐらい聞いてやる。……そうすりゃ、お前もちょっとは頭が冷えんだろ」 「……優しいですね、芦屋さんは」 「はぁ? な、何言いだすんだよ急に」  景はふう……と深いため息を吐き、物憂げな瞳で芦屋を見上げた。暗がりの中、すぐ間近に見つめ合う格好になり、芦屋の表情がややかしこまる。 「俺も、アルファになりたかったな。そうすれば、こんな惨めな人生、歩まなくて済んだかもしれないのに」 「……え? いや、俺の目から見りゃ、お前は名門のオメガだし、経歴も文句ない。そ、それに……見た目だって、すげぇ……綺麗じゃねーか。どこに惨めなポイントがあるんだ」 「……ふふっ」  明後日の方向を見回しながら照れ臭そうにそんなことを言う芦屋の台詞を聞き、景は思わず自嘲の笑みを浮かべていた。 「ありがとうございます。芦屋さんが、俺のことをそんな風に思っててくれたなんて、知りませんでしたよ」 「……はぐらかすな。そんなことより……」 「経歴、ね。そりゃ、見栄っ張りのあの家族が、俺の汚点を堂々と世間に晒すはずがありませんし」 「汚点? なんだよお前、やっぱり昔、何かあったのか?」 「……」  景は黙って、力なく目を伏せる。  誰にも知られたくなかった景の汚点を、美園はやすやすと突き止め、駆け引きの材料に使ってきたのだ。  そして、求めた情報の対価として、景の肉体を……。  微かに震える身体を、背後から、ぎゅっと芦屋に抱きすくめられた。アルファからの慰めなど必要ない、すぐにでもその腕を振り払ってやろうと思ったのに、今はそれがうまく出来ない。  そんな景の背中を、芦屋はいつまでも抱きしめていた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

俺の後輩は可愛いのにドS!
7リアクション
2話 / 869文字 / 0
2017/3/5 更新
生徒会長に目をつけられます。
39リアクション
22話 / 6,023文字 / 124
2017/6/26 更新
革命の火が日本国に上がる。Ω解放軍の戦旗が翻る琵琶湖に立ち塞がるのは運命のα…お前はどうしてッ
1,357リアクション
288話 / 339,411文字 / 176
2018/8/28 更新
「ヒトって男同士でセックスしないらしいぜ」ちょっと価値観のズレた世界(でも現代物)の話
14リアクション
6話 / 9,959文字 / 24
2019/5/25 更新
遺産相続レースの裏に隠された真実
159リアクション
44話 / 107,879文字 / 88
2019/7/13 更新
運命は自分の手で引き寄せるものだ
42リアクション
2話 / 6,276文字 / 0
2019/10/19 更新