131 / 163

「……?」  玄関の方から、話し声が聞こえてくる。数人の男の、笑い声。楽しそうに話しているけれど……ゆうの、友達、だろうか。  なんだか、不快な、笑い声だった。俺の、傷を、抉るような。昔――俺を、いじめていた人たちの、笑い声に、似ている。騒がしくて、喧しくて、ひどく醜い、笑い声。思えば、俺は集団の笑い声が、苦手だった。昔のことを。思い出してしまうから。  今、この家に来ている人たちは、そんな人たちとは関係ないだろう。でも、あまりこの笑い声は聞いていたくないから、――はやく、帰って欲しい。 「……え、」  ……そう、思っていた。彼らが帰ることを、待っていた。でもその声は――どんどん、この部屋に近づいてくる。  足音は、この部屋の扉の前に。まさか……俺が、この状態なのに、入ってくるの? ゆうはこの部屋に招き入れるの? 驚きと、不安で、胸がいっぱいだ。 「涙――友達、呼んじゃった」 「――ッ!?」  そして――「彼ら」が中に、入ってくる。「彼ら」の顔をみた瞬間、俺は、背筋が凍るのを、感じた。  彼らは――俺を、昔、いじめていた人たち。中学のころ……俺を。たしか、ゆうが、この人たちから、俺を、守ってくれた、はず。なんで……ゆうが、この人たちと、仲がいいの。なんで、ゆうが、この人を、俺のところに、つれてきたの。 「ね、涙。友達来たからさ。一緒に、遊ぼ?」 「なん、……で、……」 「そんな怖がらないでよ。遊ぶだけだから」  俺、こんな格好しているのに、この人たちを、なんで、ここに。ゆう、なんで、そんなに、笑っている、の? 「ワァ久しぶりじゃん芹澤~!」 「なぁに? 春原のオンナになったってマジ?」 「ズッコンバッコンやってるんしょ? 俺たちにも、ヤらせてよ」 「……っ!?」  まさか、このひとたち、おれのこと。  ゆうが、よんだの? おれを、このひとたちに、おかさせる、ために。 「こ、こない、で……」 「大丈夫、涙。痛くないように、さっき、解したでしょ?」 「む、むりっ、やだ、やだやだやだやだ」 「そんなにビビらないでよ。女の子じゃないんだから孕んだりしないし。ね、涙。大人しくして」  ゆうが、ベッドに、あがってきて、おれの、からだを、おこした、そして、おれの、あしのあいだに、てをのばして、ゆびで、あなを、ひらく。 「みて。綺麗なもんでしょ? 意外と女の子のより、いいかも」 「マジだ! 結構イケんじゃん! 俺1番でいい?」 「誰からでもどうぞ~。順番ね」  ねえ、やだ、やだ、なにやってんのこいつら、なんでベルトはずしてるの、なんで、おれに、ちかづいてくるの  ゆう、なんで、なんで、おれを、まもってくれるんじゃ、なかったの? 「ほら、涙。力抜いて」 「やだ、やだ、」 「怖かったら俺に捕まってて。ね、大丈夫大丈夫、ちょっとハメられるだけだから。ね?」  あ、ほら、やっぱり、ゆう、やさしい、ゆうまで、おれを、うらぎるなんて、ありえない、だって、ゆうは、  あ、やだ、はいってくる、こわい、こわい、ゆう、たすけて  あ、あ、
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!