35 / 48

第34話

可愛い系男性の問題が片付き、ひと月ほど経った頃でしょうか。 「ゔっ、ゔえぇっ、ゲホッ」 郷ちゃんは最近よく吐づきます。 顔色も良くないし、体調が悪いのでしょうか? 「副社長、病院に行ってみたらどうですか?」 「ああ、ありがとう。そうする。」 「しかし最近食事前とか、顔色悪いですよ。」 「あー、なんか食べ物の匂い嗅ぐとダメなんだよなぁ。それ以外の時は平気なんだが。」 MA☆SA☆KA!? え!?本当に妊娠ですか!?いや、男性同士でそんなはずは!?いや、でも、実際悪阻のような症状ですし、え?私はパパですか!? ああ、不倫で妊娠させてしまうなんて!? 実家に何と伝えましょう。 しかし郷ちゃんが妊娠したからには、私はパパとして頑張って働きますよ!! 「おいっ、おいっ、ジミー固まってどうした?」 「私は郷ちゃんの夫として何をすれば良いですかっ!!?」 冴えない眼鏡の地味な男が、イケメン副社長のガシリと逞しい大きな掌を、両手で包み込みます。 「おい、どうしたってんだ。ここは社員食堂だぞ。」 はっ!?私とした事が。 急ぎ食事を済ませ、資料室へ郷ちゃんと戻ります。 「郷ちゃん、妊娠ですか?」 「は?え!?」 「食事の匂いを感じた時だけ吐きたくなるのは悪阻でしょう?」 「え?だが、そんな筈は、、。」 そう返事をしながらも、嬉しそうに郷ちゃんは下腹を摩ります。 「急いで産婦人科へ行きましょう。もちろん父親の私もご一緒します。」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!