42 / 45

第41話

手繋いだまま街に出た。 長谷のボヤボヤパワーのおかげもあって、誰も俺達を見ないし怪しがりもしない。 長谷は一人でそわそわしている。 向かったのは恭哉のバイト先のクレープ屋で、インスタ栄えするトッピングが話題の店だ。 案の定、店に入りきらない客が外まで列を伸ばしてならんでいた。 並んでるのはキャピキャピ女子中高生やカップルだらけだ。 「…クレー…プ…」 「長谷はクレープ嫌いか?」 「…んーん…好…き…」 「そりゃ良かった。」 暫く並んで、店内に入ると良い匂いが鼻を擽る。 「…ここ…」 「ん?」 「…入って…みたかったから…嬉し…」 「そっか、連れてきて良かった。」 「…う…ん…」 長谷の口元が笑った。 やっぱり長谷は笑うとえくぼが可愛い。 「長谷は食べたいの決まったか?」 「…んー…と…」 ちなみに悩みまくりな長谷も可愛い。 「…チョコの…でも、いちごも…美味しそ…あ、でも…バナナも…」 (俺の長谷さんは優柔不断ちゃんなわけね。) 「よっし!!じゃぁ、いちごの生クリームのやつとチョコバナナにしよう!これならチョコもバナナも食えるだろ?」 「…そっ…か!…」 (気付くの遅いぞっ!俺の長谷さんめっ、可愛いでないのっ!) 「…あ、でも…氷上くん…の…」 「俺?俺はチョコバナナにしようと思ってたから気にすんな。」 「…ほん…と?…」 「ホントホント。ほら長谷、前進みな。」 「…あ、う…ん…」 甘い匂いに食欲を掻き立てられながら、暫く待つとようやく俺達の番だ。 いちごとチョコバナナを注文した。 出来合いのものじゃなく、きちんと目の前で焼いてトッピングしてくれるのがいいところ。 混む店なのに、そこは徹底してる。 先に支払いを済ませた。 割引券もあるし、初デートだし、今日は俺のおごりという事で。 薄く焼かれた生地に、これでもかとパンパンにフルーツと生クリーム、チョコソースが乗る。 長谷のモサモサがソワソワ小さく揺れている。 (出来上がりが待ち遠しいってか?可愛いねぇ、可愛いなぁ、長谷さんっ!!) トッピングが終わり、生地がくるくる巻かれた。 最後にコーンスリーブをでっかくしたような紙に入れて差し出された。 それを受け取ってとりあえず店内を出た。

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

行きずりで知り合った二人だったが、ひょんなことで再会をしてしまう。
...48
12話 / 12,597文字 / 365
2018/8/28 更新
【世界一初恋 二次創作】舞台は太平洋戦争。二人には生命の危機より大切なものがそこにはあった。トリチア
20話 / 26,992文字 / 0
2018/7/24 更新
【再掲】ハロウィンコスプレに興味津々の先輩の気をひくために僕は先輩が大好きな女装コスで先輩を出迎える
...52
5話 / 3,843文字 / 107
2018/9/14 更新
付き合い始めた灯唯と環慈、初めての…
1話 / 5,233文字 / 0
6/1 更新
幸薄い美人は幸せになれるのか?
...106
39話 / 55,246文字 / 140
9/15 更新
セフレ達が好むのは『嘘』の俺。あいつが好んだのは隠し通してきた『本当』の俺
5話 / 4,025文字 / 0
6時間前 更新