42 / 45

第41話

手繋いだまま街に出た。 長谷のボヤボヤパワーのおかげもあって、誰も俺達を見ないし怪しがりもしない。 長谷は一人でそわそわしている。 向かったのは恭哉のバイト先のクレープ屋で、インスタ栄えするトッピングが話題の店だ。 案の定、店に入りきらない客が外まで列を伸ばしてならんでいた。 並んでるのはキャピキャピ女子中高生やカップルだらけだ。 「…クレー…プ…」 「長谷はクレープ嫌いか?」 「…んーん…好…き…」 「そりゃ良かった。」 暫く並んで、店内に入ると良い匂いが鼻を擽る。 「…ここ…」 「ん?」 「…入って…みたかったから…嬉し…」 「そっか、連れてきて良かった。」 「…う…ん…」 長谷の口元が笑った。 やっぱり長谷は笑うとえくぼが可愛い。 「長谷は食べたいの決まったか?」 「…んー…と…」 ちなみに悩みまくりな長谷も可愛い。 「…チョコの…でも、いちごも…美味しそ…あ、でも…バナナも…」 (俺の長谷さんは優柔不断ちゃんなわけね。) 「よっし!!じゃぁ、いちごの生クリームのやつとチョコバナナにしよう!これならチョコもバナナも食えるだろ?」 「…そっ…か!…」 (気付くの遅いぞっ!俺の長谷さんめっ、可愛いでないのっ!) 「…あ、でも…氷上くん…の…」 「俺?俺はチョコバナナにしようと思ってたから気にすんな。」 「…ほん…と?…」 「ホントホント。ほら長谷、前進みな。」 「…あ、う…ん…」 甘い匂いに食欲を掻き立てられながら、暫く待つとようやく俺達の番だ。 いちごとチョコバナナを注文した。 出来合いのものじゃなく、きちんと目の前で焼いてトッピングしてくれるのがいいところ。 混む店なのに、そこは徹底してる。 先に支払いを済ませた。 割引券もあるし、初デートだし、今日は俺のおごりという事で。 薄く焼かれた生地に、これでもかとパンパンにフルーツと生クリーム、チョコソースが乗る。 長谷のモサモサがソワソワ小さく揺れている。 (出来上がりが待ち遠しいってか?可愛いねぇ、可愛いなぁ、長谷さんっ!!) トッピングが終わり、生地がくるくる巻かれた。 最後にコーンスリーブをでっかくしたような紙に入れて差し出された。 それを受け取ってとりあえず店内を出た。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

雨の日に傘を持たない理由は・・・?
47リアクション
6話 / 6,806文字 / 78
2018/8/25 更新
泡になって消えてしまう、その前に──。
52話 / 106,530文字 / 0
2018/9/30 更新
吸血鬼の愛斗と裕太、そして狼男の大夢のもうひとつの物語。
138リアクション
5話 / 9,999文字 / 240
2018/10/31 更新
同級生あまあまBL、そして王道
62リアクション
10話 / 22,542文字 / 38
2019/5/21 更新
500年生きた吸血鬼×疎まれて育った美少年王
4リアクション
23話 / 146,521文字 / 0
2019/7/29 更新
完結
【歪】
低体温妖艶最凶鬼畜×男前不憫総長
3リアクション
1話 / 8,176文字 / 0
2019/9/3 更新