25 / 123

第25話

絞められていく…… 頸動脈を的確にとらえた指に、力が籠められる。 その手圧は迷いもなく、容赦もない…… ドクドクとそこが次第に激しく脈打ち、耳の奥から細くて高い、キーンという音が響く。 苦しさからか、ピクリと指先が痙攣した。 ……墜ちる。 全身が、ビリビリと微量の電気を流されたかのように痺れる。 ドクドクドク…… 酸素を送ろうと心臓が暴走し、血液を懸命に流す。 指先や爪先が冷えていき、痺れが強くなっていく…… 「………!」 何かが頬に当たる。 虚ろなままゆっくりと瞬きをひとつすれば、ぼやけた視界に映るのは…… ……ハイジ……なん、で…… あんなに殺意に満ちていた瞳が緩み、そこから大粒の涙を零していた。 「………」 僕から離れたハイジは、両手のひらを広げじっと見ていた。 その指が、小刻みに震えている。 手首を拘束されたままの僕は、足を折り畳み横向きに身を縮めると、げほげほと咳き込んだ。 「……さくら」 その声まで、震えている。 ボルトクリッパーで、何の躊躇もなく作業員の額をフルスイングした人物とは思えない。 「オレ、さくらを失いたくねーよ……」 不安に満ちた瞳が揺れる。 ハイジに引っ張り上げられた後、僕は目隠しをされ、車に乗せられた。 そして、この部屋の今いるベッドに放り投げられて、やっと目隠しを外された。 僕の上に跨がったハイジ。 その顔は、照明の逆光でよく見えなかったけれど、狂気に満ちどこまでも深い闇に覆われた瞳が、鋭く吊り上がっているのだけはわかった。 ……バンッ 特に抵抗などしていなかった。 ただ、驚いた瞳をハイジに向けただけ。 ……なのに、ハイジはいきなり僕の頬を打った。 手加減はしたのだろう……多分、警告のつもりだ。 もし抵抗でもしたら、こんなものじゃ済まなかったかもしれない。 何処までも深い闇…… それがやっと、取り払われた。 「……さくらっ、」 背中を小さく丸め、ハイジが震えたままの両手で顔を覆う。 整わない呼吸を繰り返しながら、僕はハイジに顔を向けた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!