3 / 35

突然で身勝手な来訪者1

ー智紀sideー 「だ、誰だろうなあ」  俺は冷たい空気を一掃してくれそうなインターフォンに大感謝した。  ライさんと道元坂の空気があまりにも冷たくて、重苦しくて、息が詰まりそうだったんだ。  パタパタとスリッパを鳴らしながら、俺は玄関へと走る。 「智紀、勝手に出るなっ」  道元坂の大きな声が背後でした。  だけど俺は居間にある受話器に戻る気はなくて…玄関のドアのロックを外すと、ドアノブに手をかけた。ガチャっと勝手にドアが開くと、俺の額に黒光する拳銃を突きつけられた。 「トモキって、あんたか?」  俺の前に立っている少年の漆黒の綺麗な髪がさらりと揺れた。髪と同じ漆黒の瞳が、俺を捉えて、にやりと笑った。  誰かに似てる。恐怖で身体の芯が震えながらも、俺はそう思った。 「蛍(けい)、銃をおろせ」  背後から道元坂の声がしたと思うと、僕の横からにょきっとライさんの腕が出てくる。  ライさんの手には、やっぱり銃が握られていた。 「トモキってどっち?」  少年の目が、俺とライさんの両方を行き来する。 「トモキはここにいない。別荘にいる」  道元坂が、俺とライさんの前に出ると少年の手にある拳銃を取り上げた。  え? 何、堂々と嘘をついてんだよ 「嘘だ。この二人のどっちかだ。一緒に住んでいると聞いた」 「梓が適当に言っただけだろ。真実味は低い。現に、私がいないと言ってるんだから、居ないんだ」  道元坂が少年から取り上げた拳銃をライさんに手渡した。ライさんは拳銃を受け取ると、警戒態勢を崩した。  梓さんって…もしかして道元坂の元奥さん? 「じゃあ、このいかにも素人な鈍臭い男は何なんだよ」  むっ…素人な鈍臭い男で悪かったなっ。俺はふんっと、横を向いた。 「家政婦だ。家のことを任せている。路上で拾った」  ろ…路上で拾ったとは…酷い言い方だなあ。でも反論はしないほうがいいんだろうなあ。なんか俺を狙っているみたいだし。 「ちぇ、居ないのかよ。あーあ、母さんを見返してやる良いチャンスだと思ったのに」  少年は両手を頭のうしろにやると、勝手に靴を脱いで家にあがった。 「ちょ…おいっ」  俺は少年の肩を押した。 「なんだよ、家政婦」  少年の漆黒の眼球が、俺を睨んだ。 「か、かせっ…て、あのなあ、何、勝手に人んちにあがってんだよ」 「ずいぶんと言葉遣いの悪りぃ家政婦だなあ。教育がなってねえんじゃねえの?」 「な…お前こそガキのくせに…」  俺の腕を振り払った少年が、俺の首を掴むと壁に背中を叩きつけられた。 「くっ…」  苦しいっ。なんだよ、こいつ。俺より年下のくせに、喧嘩っ早いんだよ。 「家政婦のくせに、俺に安易に触ってじゃねえよ。死にてぇのかよ」 「蛍っ! 居候したいのなら、私のルールに従え」 「居候じゃねえ! ここの住人になるんだよ。家政婦ごときに一々、文句を言われる筋合いはねえんだよ」 「じゃあ、僕もここの住人になろっと」  ライさんが明るい声で言いながら、蛍と呼ばれた少年の手首を掴んで、ひょいっと背中に返した。 「いっ…ててっ」  蛍が、顔を歪めた。俺から離れた蛍が、今度はライさんに壁に顔を押し付けられた。 「僕の大事な人の首を絞めるなんて、ボクちゃんは怖いもの知らずだねえ。地獄を見たくなかったら、大人しくしてよね。じゃないと…」  ライさんが一呼吸を置き、ガツンと蛍の額を壁に叩きつける。「殺すよ」とライさんとは思えないほどの低い声で、脅した。  蛍が、ライさんのとてつもない殺気を感じたのか…ぶるっと身震いをして、コクンと頷いた。 「わかればよろしい」  ライさんがにこっと笑って、蛍から離れた。  俺はじろっと道元坂の顔を見やった。道元坂がクイッと顎を動かして、寝室に来るように俺に合図した。  んだよ…顎かよ。クイッて動かしやがって、お前は鳩か!  むっと苛つきながら俺は、「着替えてくる」という道元坂の背中をついて歩いた。 「じゃあ、僕と蛍君は居間で親交を深めていましょうか」 「ちょ…え? 俺はこいつに話が…」 「僕とお話したいよねえ、蛍君っ?」  蛍が、ライさんにぐいっと腕を引っ張られると、ガツンと壁に顔面をぶつけていた。 「あらあら、そんなに僕とお話がしたいの? 嬉しいなあ。僕も、若い男の子とじっくりと話ができるなんて、嬉しいですよ」 「鼻…鼻血が、出たじゃねえかよっ!」 「血の気が多い証拠だね。少しくらい垂れ流しておくといいですよ」  ライさんって…かなり強引な人なんだなあ。  俺は寝室のドアを閉めながら、居間へと引っ張られていく蛍の背中を見送った。  ぱたんとドアを閉めると、すぐに道元坂に後ろから抱きつかれた。 「ちょ…おいっ。何、すんだよっ」 「勝手に出るなと言っただろ!」 「仕方ないだろ。道元坂とライさんの雰囲気が悪くて、居心地が悪かったんだから」 「はあ」と深い息を吐きだす道元坂に、俺はびっくりした。 「蛍だから良かったが。もしあそこに立っているのが梓の手の者だったら、お前は今頃、息の根が止まっていたんだぞ」  道元坂の手が俺の耳たぶを弄る。俺の存在を改めてじっくりと見た道元坂が、深いキスをした。舌を伝って、道元坂の熱を感じた。 「蛍ってヤツだって、梓さん側の人間なんだろ? そんなヤツを家にあげていいのかよ」 「蛍に人は殺せない。血の気の多いふりをして、強がっているだけの13歳のガキだ」 「知り合いなのか?」 「息子だ」 「え?」  俺は頭の中が、真っ白になった。  でも…そうだよな。子どもが一人、二人いても変じゃねえよな。むしろ居ないほうがおかしい…って。  マジで。夫婦だったんだし、梓さんと。  7年間も一緒に暮らしてて、何もないほうがおかしいわけだし。道元坂のエロ魔人っぷりを俺は知ってるし…こいつとセックスとしてて、女性が妊娠しないはずはないよ、な。  なんか…リアルに息子とか、見ちゃうとキツいかもっ。俺は、またキスをしようとしてくる道元坂の口を避けた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

イケメン完璧エロ教師と高校生のハチャメチャコメディ
3,035リアクション
322話 / 291,032文字 / 548
6/1 更新
大正後期、一蓮托生を誓い合った作家・舟而と新歌舞伎女形・白帆。それぞれに精進を重ねる二人の愛の行方
396リアクション
33話 / 76,590文字 / 222
2017/9/10 更新
「かわいい、かわいい俺のおにーちゃん、一生離さないからね」
1リアクション
6話 / 3,425文字 / 100
2018/5/2 更新
雨の降らない枯れた村。雨ごいの儀式とは・・
728リアクション
95話 / 37,824文字 / 172
11/8 更新
俺はβの同性愛者。3つの性が存在するこの世界でも俺はマイノリティだ。そんな俺の前にαが現れた。
125リアクション
13話 / 44,325文字 / 117
10/7 更新
一つの媚薬を皮切りに、四界を揺るがす事態になっていく…。
3,008リアクション
32話 / 49,185文字 / 111
12/11 更新