12 / 88

揺れる 『少年くん』

きっとユキは嫌がるだろう。 けど我慢してもらわないといけない。だってそれくらい大切な用事がある。 「…ユキ、あのさぁ」 シロと遊んでいるユキに声をかけると「なぁに?」と振り返ってきた。意を決して言葉を告げる。 「明日から早河の家に泊まりだって言ったらどうする?」 そう言うとユキは時間が止まったみたいに固まった。 それから少しして「……お、泊まり、命は?命もいる…?」と不安そうな声で言う。 だけど、ごめん。 「俺はいないな」そう言った途端泣き出した。 嫌だと首を振る、俺と一緒がいいと言う。 「悪い…どうしても無理なんだ。」 ────どうやら俺の本当の親が死んだみたいで。 翌日、嫌だと泣き続けるユキを無理矢理早河の家に連れてきた。 「頼む」 「ああ」 早河はこうなることがわかっていたらしくて、泣き続けるユキを見ても驚きやしない。 「ユキくーん、久しぶりやなぁ。ってあらら、泣いとったらせっかくのイケメンが台無しやで?」 「…琴、くん」 「俺と遊ぼ?」 八神がユキに優しく笑いかける、その様子をぼーっと見てると早河が俺の頭をぽんっと撫でた。 「変な事、考えるなよ」 「…意味わかんねえ」 はっ、と笑いユキに「じゃあな」と言って玄関のドアを閉める。 突如訪れる虚無感。胸が締め付けられそうだ。「…行かねえと」そう言った自分の声は自分が驚くくらい冷たかった。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

庭に咲いている花の方がまだ自由だ。愛ではなく侵食していく。
269リアクション
14話 / 10,945文字 / 156
11/17 更新
連載中
LOVERS
男子高校生の恋の話
1話 / 752文字 / 0
2018/5/26 更新
18歳なのに仕上がっている婀娜男に青い輩が翻弄されます
2リアクション
17話 / 24,603文字 / 0
8/22 更新
綺麗系親衛隊隊長に恋したチワワ系親衛隊員の話。そしておまけの兄視点。
2リアクション
2話 / 6,704文字 / 0
3/6 更新
大正時代の華族モノです。祖父の時代に仇敵となった家の嫡男同士の禁断の恋の行方は
1,472リアクション
190話 / 197,834文字 / 146
15時間前 更新
イタリア人料理人×日本人アーティスト
16リアクション
6話 / 10,914文字 / 36
9/20 更新