14 / 34

儚い記憶の向こうで

ー蛍sideー 『力が欲しいの。何者にも邪魔されない力が。それにはカイルの権力が欲しいわ』 『僕の権力? 貴方は面白い。権力と地位と…僕の身体を欲しいと言う女はたくさんいるけど。権力だけでいいの?』 ハウスの中で、薔薇が一斉に咲き誇る その中央で、母さんと白人の男性がお茶を楽しんでいた 『貴方はわたくしみたいな女がお嫌いだと聞いたわ。権力がいただけるなら、わたくしはあの子を差し上げるわ。好きにしていいのよ』 金色の髪の男性が、俺を見る 俺は薔薇を触ったまま、男を眺めた 細い身体のラインが、儚いイメージを植え付ける男だった 青い瞳で、俺を見てくる じっと俺を見て、値踏みしているみたいだ 白いワイシャツの裾をズボンの中にしっかりと入れ、ゆるゆるのウエストにはきつくベルトを締めている 『名前は?』 『蛍。わたくしの息子よ』 『跡取り息子じゃないの?』 『ええ。跡取り息子よ。だからわたくしの本気を知っていただけるでしょ? どうしても貴方が欲しいって。わたくしの命が尽き果てたら、わたくしの組織もあげるわ。あの子には所詮、無理だから』 紅茶のカップを口に運んだ母さんの肩が小刻みに震え、くすくすと笑う声が微かに聞こえた 母さんとあの人…何を話しているんだろう どうぜ、俺には関係ない話をしているんだろうけど 母さんの怒鳴り声が、廊下に響き…直後、バタンとドアの閉まる音がした 『あんたなんか、一緒に連れてこなければ良かった! 邪魔なのよ』 堅く閉ざされたドアを見つめたまま、俺は母さんの言葉をリピートさせた 「ああ、女王様のお怒りかい?」 俺に近づいてきた青年が、俺の肩に手を置いて親しげに笑いかけてきた 「いつものことだから」 「いつも? 蛍は、自分のママに邪魔扱いされているの?」 「『お前はタイミングが悪いんだ』と言われたことがあるんだ。俺は、世渡りが下手なんだ」 青年の指が、俺の手にある花にいった 「これを渡そうとしたの?」 「あ、うん。庭先に綺麗な花が咲いてて…母さんが喜ぶと思って」 『あ、あん、ああっ。もっと、激しく』 ドアの向こうから、母さんの声が聞こえた 母さんだけど、俺の知らない母さんの声だ 青年がそっと俺の両耳を押さえて、音を遮断した 「僕の部屋に行こうか。そのお花も、きちんと活けてあげないと、枯れちゃうよ」 青年の言葉に頷いて、俺は青年と一緒に歩き出した 「ここって、貴方のお城?」 「何百年も前からあるんだ。ずっと僕の家の家系が城主として守ってきた。隠し扉とかあって、楽しいんだよ」 青年の部屋で、俺は高そうな椅子に座った 青年が花を活け、俺に蜂蜜入りの甘い紅茶をいれてくれた 「甘い」 「僕の城でとれた蜂蜜はすごく甘くて美味しいんだ。日本に帰るときに、君のお土産に用意しておいてあげるよ」 「本当に? いいの?」 「いいよ。蛍のために、僕が用意しておくよ」 「あ、ありがとう! すごく嬉しい。俺、誰かに何かをしてもらうって初めてで…。胸がドキドキするよ」 「僕もだよ。蛍を見ていると、心が温かくなる」 「俺、何やっても駄目ダメでさ。いっつも母さんに怒られるんだ。俺なりに頑張ってるのに、母さんにとってみたら、全然でさ。さっきみたいに怒鳴られてばっかなんだ」 あはは、と笑い声をたてて笑い飛ばす俺の話を、「それで?」と落ち着いた声で青年が耳を傾けてくれていた 青年が用意してくれた紅茶が空になり、さらに3杯ほどおかわりして…それでも俺は話が止まらなかった 俺の話をじっと聞いてくれる青年の存在が嬉しかった もっと俺の話を聞いてほしい 俺を見てほしい そればっかりで 母さんと日本に帰るギリギリまで、俺は何度もこの青年の部屋に通い、そして俺が疲れて眠ってしまうまで、話続けた
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!