28 / 34

禁断の果実は甘い味2

「あら、バレちゃった。もう梓はいないんだから、そろそろいいんじゃないかと思って、ね。恵から連絡が来たら、この子に全てを話すチャンスだと思ったのよ」 「そう、だな。椿のもとで元気に育ったようだな。良かった」 私は手を伸ばすと、少女の頬に触れた 少女が、顔を真っ赤にすると私の腕を叩いて距離をあける 小走りで、椿の背後に隠れると恐る恐るこっちを見てきた 「さっきまでの威勢はどうした、優衣?」 「な…なんであたしの名前を知ってるのよっ」 知ってるさ 私の子どもなんだから 私はふっと口のはしを持ちあげて笑うと、椿の後ろに隠れている優衣を見つめた 「つ、つ、椿さんっ、この人…誰? なんであたしのことを知っているのよ」 「優衣が知りたがってた人よ…とでも言えばわかる? 時期が来たら、会わせるって前に言ったでしょ?」 「え? もしかして、あたしのお父さん?」 「そう。道元坂 恵。正真正銘の貴方の父親よ」 「あ…え、っと、じゃあ、お母さんは?」 優衣の質問に椿の眉がぴくっと動き、動揺の色が見えた 「優衣の母は、6年前に死んだよ。いろいろあってね。君の母親となる女性とは離婚して、優衣を椿に預けていたんだ」 私は口を開き、説明をする こんな形で、優衣に会えるとは…思っても見なかった もう、死んだと思って生きてきた 「16年間も?」 「ああ。申し訳ない」 優衣が唇を噛み締めてから、私に背を向けると部屋を飛び出して行った 「優衣っ? ちょっと待ちなさい」 椿が、ぱっと振り返ると大きな声で呼びとめようとした 「椿、いいんだ。無理強いはしたくない。優衣から見れば16年間も子供を放っておいた最低な父親でしかないんだから。どんな理由があろうとも、育児を放棄したのは私だ」 「好きで離れたわけじゃないのに…辛いんじゃない?」 「生きているだけで、いいんだ。生きているだけで……それだけで」 私は言葉を詰まらせた 16年ぶりに見る優衣に、胸が苦しくなった 首が座って間もない優衣を、殺せと梓に言われた時は、地獄に突き落とされたかと思った 私が、女の子を欲しがっているなか、念願の女児が生まれた それを知っていて梓が、「殺せ」と命令してきた 可愛がっている娘を殺せるはずもなく… すでに、小森の家を出ていた椿に全てを託した 施設に預けるのでもいい どこかの夫婦に、養子に出すのでも良い なんでもいいから、あの子を梓の目の届かないところで生かしてくれと頼んだ だから、生きているだけいいんだ 地球のどこかで、元気にしている…それだけで私は、他に望まない 優衣と、親子の関係を築けるとは思ってない 築けるなら、築きたいさ だけどその資格を、私はもう持っていない 「いつ出発するの?」 「早ければ、早いほうがいい」 私の返事に、椿がコクンと頷いた 「わかったわ。優衣に至急、旅立ちの用意をさせる。私も用意をしてくるから、待ってて」 「ああ。悪いな」 「蛍君の生活がかかってるんでしょ? 私でどうにかできるなら、協力させてもらうわ。それに…過去は断ち切れないもの」 椿が、苦笑した 「ホントに悪い」 「恵はいつも、私に謝ってばかりね」  椿が肩をすくませる。 「確かに。ずっと謝ってばかりだな」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

お兄ちゃんと…あ・そ・ば・な・い?
196リアクション
13話 / 68,145文字
2018/5/12 更新
R18/刑事×平凡少年/体格差/無理矢理からの溺愛/年齢差
462リアクション
6話 / 11,324文字 / 2,325
2018/6/9 更新
初対面の男とセックスをした。きっと、熱帯夜のせいだ。
152リアクション
6話 / 10,000文字 / 412
2018/9/2 更新
トラウマ消防士(35)×まじめな新人警察官(24)
79リアクション
9話 / 10,000文字 / 124
5/25 更新
わざわざ独立させる程でも無い短編の詰め合わせです。気の向いた時にちょこっとずつ増えるといいな。
21リアクション
9話 / 14,622文字 / 20
9/24 更新
20リアクション
1話 / 984文字 / 0
10/27 更新